公共料金の推移

 1. 郵便料金
 2. 電話料金
 3. 電気料金(東京)
 4. 水道料金(東京)
 5. ガス料金(東京)
 6. 鉄道料金
 7. 都電・都バス・都営地下鉄・東京メトロ料金
 8. タクシー料金(東京都心部)
 9. NHK放送受信料
10. 朝日新聞購読料
11. 岩波文庫定価
12. 国家公務員(上級)の初任給
13. 最低賃金(東京都)
14. 東京国立博物館入場料金
15. 公衆浴場入浴料金(東京)
16. たばこ料金
17. 宝くじ
18. パチンコの貸玉料
19. 東京大学の授業料
20. 文化功労者の年金
21. 選挙権資格
22. 選挙の供託金
23. 代人料(兵役免除の料金)
24. 科料と罰金

必ずしも”公共”料金とは限りません。
また、一部不確かなところを含みます。

(最終更新 2017年11月)

◆消費税率◆
  平成元年4月1日 3%
  平成9年4月1日 5%(うち地方消費税1.0%)
  平成26年4月1日 8%(うち地方消費税1.7%)
  平成31年10月予定? 10%(うち地方消費税2.2%)
以下、金額の前の「*」印は外税を示します。

1. 郵便料金  (⇒ページトップ)
年月書 状はがき備 考
明治【旧暦】
4年3月
【郵便賃銭】
東京より:
100文(川崎 4里)
200文(横浜 7里)
500文(静岡 44里)
1100文(名古屋 91里)
1400文(京都 125里)
1500文(大阪 137里)
重さ5匁まで

(それ以上は      
  5匁ごとに5割増し)
明治4年3月1日(新暦1871年4月20日)
郵便制度開始。
銭48,100,200,500文の切手を発行。

左の賃銭は「駅」までの料金。 駅から村までの「届状賃銭」
は、「仕立便」のとき、1里ごとに600文、「幸便」のとき、1里
まで100文、それ以上は1里ごとに200文。         
4年8月東京−横浜間を48文に改定。
また、このとき大阪以西にも延長。
大阪からの賃銭:
100文(神戸)、500文(岡山)、800文(下関)
4年12月100文(25里以下)
200文(50里以下)
300文(100里以下)
400文(200里以下)
500文(200里超)
不便地割増100文
重さ4匁ごと
5年3月100文を1銭に読み替える半,1,2,5銭の切手を発行。
【新暦】
6年4月
【郵便税】
市外 2銭
市内 1銭
不便地割増1銭
重さ2匁ごと距離制を廃止。
6年12月市外 1銭
市内 5厘
不便地割増1銭
16年1月【第1種】
2銭
【第2種】
1銭
全国均一料金となる
明治25年10月、小包郵便開始。
32年1月3銭重さ4匁ごと1銭5厘明治33年、「(旧)郵便法」。
「郵便税」を「郵便料」に改名。
大正
昭和
(戦前)
6年8月重さ15グラムごとメートル法を採用。
12年4月4銭重さ20グラムごと2銭
17年4月5銭
19年4月7銭3銭
20年4月10銭5銭
昭和
(戦後)
21年7月30銭15銭
22年4月1円20銭50銭23年1月、「(新)郵便法」。
23年7月5円2円
24年5月8円24年6月、「逓信省」廃止、「郵政省」発足。
26年11月10円通常 5円
年賀 4円
27年用年賀はがきのみ2円。
41年7月【第1種・定型】
15円/20円
25/50グラムまで7円43年7月、郵便番号(3〜5桁)制定。
47年2月20円/25円10円
51年1月50円/60円20円
56年1月60円/70円30円
56年4月40円
平成元年4月62円/72円41円消費税率3%
6年1月80円/90円50円10年2月、郵便番号7桁に改訂。
13年1月、「郵政省」廃止、「総務省」発足。
15年4月、「日本郵政公社」発足。
19年10月、民営化し「郵便事業」設立。
24年10月、「日本郵便」と改称。
26年4月82円/92円52円消費税率8%
29年6月通常 62円
年賀 52円

               アメリカ宛の郵便
船  便
年月書状はがき備考
明治5年3月28銭4匁北京は8銭、
イギリスは24銭など
6年4月10銭
8年1月15銭15g
9年1月12銭
9年4月5銭
10年6月3銭UPUに加盟
12年4月2銭
30年10月10銭4銭世界共通料金となる
40年10月20g
大正11年1月20銭8銭
14年10月10銭6銭
昭和
(戦前)
12年4月20銭10銭
昭和
(戦後)
20年11月30銭15銭
21年9月1円50銭
22年4月4円2円
23年9月16円10円
24年6月24円14円
34年4月30円20円
36年10月40円25円
41年7月50円30円
51年1月90円60円
58年7月110円80円
63年1月80円60円
平成6年1月90円

航 空 便
年月書状はがき備考
昭和22年8月60円20g書状に同じ全3地帯中第3地帯
23年9月45円10g全4地帯中第2地帯
24年6月59円全5地帯中第3地帯
26年12月80円
28年7月70円40円
34年4月75円全3地帯中第2地帯
第1地帯:アジア,オセアニア
第2地帯:北米,中米
第3地帯:ヨーロッパ,アフリカ,中近東,南米
36年10月80円
41年7月90円45円
47年7月80円
51年1月120円80円
56年7月150円100円
62年4月130円90円
63年4月100円70円はがきは世界共通料金となる
平成6年1月110円
8年3月25g
                ・参考資料 : 山ア好是編、『日本郵便料金大系』、(株)鳴美、平成22

2. 電話料金  (⇒ページトップ)
               基本料金・市内通話料金・公衆電話料金
年 月基本料金市内通話料金公衆電話料金備 考
料 金時間制限料 金時間制限
明治23年12月【 年 額 】
40円
市内通話は無料5銭5分以内23年4月、「逓信省」が営業開始。
加入者は、東京155名、横浜42名。
「電話所」は、東京15か所、横浜1か所。
25年7月35円
30年12月66円10銭
32年4月15銭33年10月、ボックス型の「自働電話」登場。
35年8月5銭
大正9年7月40円2銭5分市内通話も度数料金制となる。
13年4月3銭3分3分以内14年10月、「公衆電話」と改称。
昭和
(戦前)
5年1月45円
16年7月時間制限
なし
時間制限
なし
17年4月60円5銭
19年4月10銭10銭(*)(*)東京と大阪のみ10銭、その他は5銭。
20年1月10銭
昭和
(戦後)
21年5月【 月 額 】
24円
20銭20銭
22年4月【住宅用月額】
75円
50銭50銭住宅用と事務用に分離。
23年7月300円2円1円
26年11月380円5円5円27年8月、「電電公社」発足。
28年8月700円7円10円29年10月、10円玉の公衆電話が登場。
37年9月910円
44年10月900円3分以内45年1月30日、「3分間電話の日」
47年11月3分3分ごと
51年11月1350円10円
52年4月1800円53年3月、「すぐつく電話(積滞数ゼロ)」達成。
54年3月、電話自動化が全国で完了。
57年12月、テレフォンカード発売。
60年4月、電気通信事業が自由化され、「NTT」発足。
60年4月以降の基本料金は、回線使用料、機器使用料などの合計。
平成元年4月*1800円*10円元年4月、消費税法導入。
これ以降、公衆電話料金以外は外税。
2年12月*1790円 2年、公衆電話設置台数83.3万台。(最大)
3年4月、携帯電話のサービス開始。
5年10月1.5分ごと
6年4月1分ごと
7年2月*1990円
7年10月11年7月、「NTT東日本」などに再編成。
13年1月*9円
13年5月*8.5円
26年4月57.5秒ごと消費税率8%

               東京・大阪間の電話料金
年月料金時間備考
明治32年2月1.6円5分東京・大阪間開通。
昭和19年4月2円3分
21年5月7.5円
22年4月38円
23年7月152円
26年11月220円
28年8月

年月料金時間3分あたりの
料金
備考
昭和37年9月7円4.0秒315円距離別時間差制度導入。
51年11月10円4.0秒450円史上最高値。
58年7月4.5秒400円
63年2月5.0秒360円
平成元年2月*10円5.5秒*330円元年4月、消費税導入。
2年3月6.5秒*280円
3年3月7.5秒*240円
4年6月9.0秒*200円
5年10月10.0秒*180円
8年3月13.0秒*138円
9年2月16.5秒*109円
10年2月20.0秒*90円
13年3月22.5秒*80円
36年*8.5円3分*8.5円計画中。全国一律料金。
                ・特記ない限り、東京、住宅用、平日、昼間の料金。
                ・参考資料 : 『電話100年小史』、日本電信電話株式会社広報部、平成2
                ・参考資料 : 『NTTグループ社史』、日本電信電話株式会社社史編集委員会、平成18


3. 電気料金(東京の一般家庭用)  (⇒ページトップ)
             「定額電灯」の場合 (明治23年4月〜現行)
年月終夜灯
(日没から翌朝まで)
半夜灯
(日没から12時まで)
備考
明治23年4月【8燭力】
1.45円
【10燭力】
1.70円
【16燭力】
2.50円
【8燭力】
0.85円
【10燭力】
1.00円
【16燭力】
1.50円
「東京電燈」の料金表。
電灯1灯あたりの月額料金。
37年 月【5燭力】
1.00円
2.00円3.00円【5燭力】
0.65円
1.20円1.80円
41年12月0.65円1.20円1.70円半夜灯は廃止。最大は100燭力の7円。
44年7月0.55円1.00円1.40円
45年7月0.50円0.80円1.10円
大正6年10月0.40円0.50円0.58円東京電燈、東京市電気局、日本電燈の
三電協定。
13年4月0.45円0.55円0.60円
昭和17年12月【15燭力】
0.55円
【25燭力】
0.75円
18年12月0.60円0.80円
20年7月1.00円1.30円
21年1月2.00円2.50円
22年7月【20W】
8円
【40W】
12円
燭力をワットに変更。
23年6月24円36円
24年12月夏 40円
冬 50円
夏 60円
冬 75円
他に需要家料金が1契約あたり22.22円。
中略
平成28年6月146.90円245.20円他に需要家料金が1契約あたり54円。

             「従量電灯」の場合 (明治37年〜昭和29年9月)
年月基本料金電力量料金(1kWhあたり)備考
明治37年なし30銭(〜2kWh)、25銭(〜3kWh)、20銭(〜4kWh)、     
           15銭(〜5kWh)、13銭(それ以上)
このときの料金計算は0.1kWh単位。
また、最低料金は30銭。
41年12月20銭
44年7月20銭(〜3kWh)、19銭(〜4kWh)、18銭(〜5kWh)、17銭(それ以上)
45年7月18銭(〜3kWh)、14銭(〜5kWh)、10銭(それ以上)
大正6年10月18銭(〜1kWh)、14銭(〜2kWh)、10銭(それ以上)      
13年4月【1灯につき】
16銭
16銭(〜1kWh)、14銭(〜2kWh)、10銭(〜3kWh)、6銭(それ以上)14年3月、ラジオ放送始まる。
昭和17年12月10銭11銭17年4月、「関東配電」発足。
18年12月10銭12銭
20年7月20銭20銭
21年1月30銭30銭
22年7月1円30銭90銭
23年6月3円90銭2円70銭
基本料金超過料金(1kWhあたり)備考
昭和24年12月【11kWhまで】
111.11円
2.11円(〜45kWh夏、〜20kWh冬)、8.89円(それ以上)
26年8月155.56円2.96円(〜34kWh夏、〜9kWh冬)、9.44円(それ以上)26年5月、「東京電力」発足。
27年5月183.33円3.94円(〜34kWh夏、〜9kWh冬)、12.22円(それ以上)

             「アンペア制従量電灯」の場合 (昭和29年10月以降)
年月基本料金電力量料金(1kWhあたり)備考
30A50A1段料金2段料金3段料金
昭和29年10月540円9.50円アンペア制(5〜30A)となる。
36年8月10.17円契約種別「従量電灯乙」。
49年6月600円1000円【〜120kWh】
12.00円
【〜200kWh】
15.40円
【200kWh超】
16.90円
10〜60Aのアンペア制。
51年8月660円1100円14.15円18.70円21.30円53年10月より、不定期に、
”円高等に伴う暫定料金引き下げ措置”導入
(料金表には含まれない)。
55年4月780円1300円20.95円28.20円33.25円
63年1月18.10円【〜250kWh】
24.25円
【250kWh超】
27.45円
平成元年4月*780円*1300円*17.80円*23.85円*26.32円消費税導入(料金表には含まれない)。
8年1月*17.10円【〜280kWh】
*22.75円
【280kWh超】
*24.95円
契約種別「従量電灯B」。
”燃料費調整制度”導入(料金表には含まれない)。
10年2月*16.85円*22.40円*24.65円
12年10月*16.41円【〜300kWh】
*21.78円
【300kWh超】
*23.85円
14年4月*15.58円*20.67円*22.43円
16年10月*14.82円*19.66円*21.13円
18年4月*15.29円*20.04円*21.25円
19年4月819円1365円16.05円21.04円22.31円内税化(料金表に消費税(5%)を含ませる)。
20年9月16.46円21.45円22.72円23年3月、原発事故。
23年4月17.87円22.86円24.13円”再生エネルギー賦課金”導入(料金表には含まれない)
24年9月18.07円23.33円25.13円
26年6月842.4円1404円19.43円25.91円29.93円消費税増税(5%⇒8%)。
28年6月19.52円26.00円30.02円28年4月、電力小売り自由化。
                ・「東京電燈」、「関東配電」、「東京電力」の料金表による。
                ・参考資料 : 『東京電力三十年史』、東京電力、昭和58 
                ・参考資料 : 『関東の電気事業と東京電力』、東京電力、平成14
                ・現在の東京電力の一般家庭のモデルケースは、30アンペア、月間使用量290kWh。

4. 水道料金(東京の一般家庭用)  (⇒ページトップ)
             「定額栓」(戦前は「放任給水」)の場合  (明治31年12月〜昭和30年12月)
年月専用給水の場合共用給水の場合備考
明治31年12月5円(1戸5人まで)2円(5人増すごとに)8円(6戸まで)50銭(1戸増すごとに)年額料金。
35年1月5円(  ↓  )50銭(1人増すごとに)1.5円(1戸につき)
大正10年3月70銭(1戸5人まで)7銭(  ↓  )20銭(  ↓  )月額料金に改定。
昭和3年6月93銭(  ↓  )10銭(  ↓  )40銭(1戸)20銭(1戸増すごとに)
18年6月90銭(  ↓  )10銭(  ↓  )
20年11月1.5円(建坪15坪以下)
2.5円(建坪15坪超)
70銭(同居1世帯ごとに)70銭(1世帯につき)
21年3月3.5円(建坪15坪以下)
6円(建坪15坪超)
2円(  ↓  )2円(  ↓  )
22年1月5円(建坪15坪以下)
9円(建坪15坪超)
3円(  ↓  )3円(  ↓  )
22年6月10円(建坪15坪以下、5人まで)
15円(建坪15坪以下、5人超)
20円(建坪15坪超 )
2円(  ↓  )6円(  ↓  )
23年1月20円(1戸5人まで)5円(1人増すごとに)12円(  ↓  )
23年6月40円(  ↓  )10円(  ↓  )25円(  ↓  )
23年8月50円(  ↓  )13円(  ↓  )30円(  ↓  )
24年6月65円(  ↓  )16円(  ↓  )38円(  ↓  )
27年1月85円(  ↓  )22円(  ↓  )30年12月、
定額栓制度廃止。

             「計量栓」(戦前は「計量給水」)の場合  (明治35年1月〜昭和41年1月)
年月一般用料金超過料金(㎥あたり)備考
明治35年1月72銭(20㎥まで)3銭月額料金。
36年1月30銭(10㎥まで)3銭
大正10年3月70銭( ↓ )5銭
昭和3年6月93銭( ↓ )7銭
18年6月90銭(8㎥まで)10銭
20年11月3.5円(20㎥まで)20銭
21年3月8円( ↓ )50銭
22年1月12円( ↓ )1円
22年6月20円( ↓ )2円他に、量水器使用料が必要(2円以上)。
23年1月20円(10㎥まで)2.5円
23年6月40円( ↓ )5円
23年8月50円( ↓ )6.5円
24年6月65円( ↓ )8円
27年1月85円( ↓ )11円
31年1月120円( ↓ )16円量水器使用料は廃止。
36年8月120円(8㎥まで)
140円(10㎥まで)
20円

             「口径別料金体系」の場合  (昭和41年2月以降)
年月基本料金(呼び径20㎜)従量料金(㎥あたり)備考
昭和41年2月120円(8㎥まで)
140円(10㎥まで)
20円(〜50㎥)、32円(51㎥〜)口径別料金体系となる。
43年12月120円(8㎥まで)20円(〜18㎥)、25円(〜30㎥)、   
   28円(〜50㎥)、45円(51㎥〜)
50年9月400円(10㎥まで)60円(〜20㎥)、75円(〜30㎥)、90円(〜100㎥)これ以降、100㎥超の料金は省略。
53年12月550円( ↓ )80円(〜20㎥)、100円(〜30㎥)、120円(〜100㎥)
56年11月820円( ↓ )120円(〜20㎥)、150円(〜30㎥)、180円(〜100㎥)
59年5月1070円( ↓ )120円(〜20㎥)、160円(〜30㎥)、195円(〜100㎥)
平成元年6月*1027円( ↓ )*115円(〜20㎥)、*154円(〜30㎥)、*187円(〜100㎥)元年4月、消費税導入
(料金表には含まれない)。
6年6月*1230円( ↓ )*130円(〜20㎥)、*175円(〜30㎥)、*215円(〜100㎥)
17年1月*1170円(5㎥まで)*22円(〜10㎥)、*128円(〜20㎥)、*163円(〜30㎥)、
*202円(〜50㎥)、*213円(〜100㎥)
                ・「東京市」、「東京都」の料金表による。
                ・参考資料 : 『東京近代水道百年史』、東京都水道局、平成11
                ・現在の東京都の標準家庭の月間使用量は、3人世帯で21㎥、4人世帯で25㎥。

5. ガス料金(東京の一般家庭用)  (⇒ページトップ)
年月1000立方フィート
につき
1㎥につき10熱位につき備考
明治7年12月ガス燈1本につき 月額 3.555円「東京会議所」が
金杉橋〜京橋間に85本のガス燈を設置。
9年5月3.75円「東京府瓦斯局」に移管。
(1000立方フィートは約28.32㎥)
10年3月3.25円
18年10月3.00円「東京瓦斯会社」に移管。
21年11月2.70円
22年9月2.00円26年7月、「東京瓦斯株式会社」と社名変更。
35年、灯火用だけのガス利用が
燃料用(ガス炊飯かまど)にも始まる。
44年12月1.92円
45年1月1.80円
大正2年7月1.71円
4年3月1.75円
8年10月東京市内 2.25円
東京郡部 2.40円
11〜12年、燃料用利用が灯火用利用を超える。
昭和
(戦前)
3年10月東京市内 2.25円
隣接30町 2.45円
その他郡部 2.68円
7年7月東京市内 2.07円
東京郡部 2.27円
(7.31銭相当)
(8.02銭相当)
東京市内 1.99円
東京郡部 2.18円
熱量販売制を開始。
1熱位は10000kcal。
12年1月東京旧市内 1.99円
東京旧郡部 2.08円
昭和7年10月、東京市の市域拡大。
13年4月1.99円東京府全域、共通料金となる。
20年7月12銭(3.33円相当)熱量販売制が元の容量販売制に戻る。
標準熱量は3600kcal 
昭和
(戦後)
21年2月76銭
22年3月1,5円
22年7月3,5円
24年7月9.7円

年月熱量最低料金超過分の料金(㎥あたり)備考
昭和 25年7月3600kcal200.00円(10㎥まで)12.00円(〜100㎥),11.89円(〜500㎥)最低料金制に改訂。
これ以降、160㎥超の料金は省略。
26年11月3600kcal211.90円(10㎥まで)12.71円(〜100㎥),12.60円(〜500㎥)
27年11月3600kcal246.57円(10㎥まで)14.80円(〜100㎥),14.66円(〜500㎥)
37年10月5000kcal266.56円(7㎥まで)22.85円(〜72㎥)、22.65円(〜360㎥)3600⇒5000kcalに熱量変更。
47年8月5000kcal地区500.00円(7㎥まで)26.74円(〜72㎥)、26.50円(〜360㎥)47年6月〜63年10月、5000⇒
11000kcal(天然ガス)に熱量変更。
11000kcal地区482.85円(3㎥まで)58.83円(〜32㎥)、58.31円(〜160㎥)
49年3月5000kcal地区575.00円(7㎥まで)41.00円(〜360㎥)
11000kcal地区558.60円(3㎥まで)90.20円(〜160㎥)
51年10月5000kcal地区690.00円(7㎥まで)49.75円(〜360㎥)
11000kcal地区670.10円(3㎥まで)109.45円(〜160㎥)

年月熱量基本料金従量料金(㎥あたり)備考
昭和55年4月5000kcal地区690円70.33円二部料金体系に改訂。
11000kcal地区690円154.72円
61年6月11000kcal地区137.51円
62年1月11000kcal地区129.56円

年月料金表A
月間使用量 〜25㎥
料金表B
26㎥〜500㎥
料金表C
501㎥〜
備考
基本料金単位料金
(㎥あたり)
基本料金単位料金
(㎥あたり)
基本料金単位料金
(㎥あたり)
昭和63年1月690円129.56円1050円115.16円6550円104.16円複数二部料金体系に改訂。
63年10月、天然ガス化完了。
これ以降すべて11000kcal。
平成元年4月127.29円1170円108.09円6890円96.65円元年4月、消費税導入。
5年11月124.30円105.10円93.66円
8年1月123.99円104.77円6880円93.35円8年1月”原料費調整制度”導入
(料金表には含まれていない)。
9年7月132.47円113.25円101.83円
11年12月122.25円103.03円91.61円
 月間使用量 〜20㎥21㎥〜80㎥81㎥〜200㎥ 
平成13年2月690.0円127.25円1040.0円109.75円1460.0円104.50円A〜Fの6表に拡充
(表D〜Fは省略)。
17年1月724.5円130.28円1083.6円112.32円1365.0円108.81円
18年2月132.18円114.63円111.20円このときのみ、
月間使用量の各表の上限は、
20, 81, 204㎥。
20年4月144.83円1081.5円126.98円1333.5円123.83円
24年3月152.97円1110.9円133.65円1312.5円131.13円
24年12月153.18円133.86円131.34円
25年12月161.17円997.5円147.52円1165.5円145.42円
27年12月745.2円142.66円1036.8円128.08円1209.6円125.92円29年4月、都市ガスの小売り自由化。
                ・「東京会議所」、「東京府瓦斯局」、「東京瓦斯株式会社(東京ガス)」の料金表による。
                ・参考資料 : 『東京ガス百年史』、東京ガス、昭和61
                ・現在の東京ガスの平均家庭モデルの月間使用量は、32㎥。

6. 鉄道料金  (⇒ページトップ)
年月日1区間東京(新橋)・大阪間 運賃と急行料金備 考
明治【旧暦】
5年9月12日
(新暦10月14日)
■新橋・品川間下等賃金
金1朱(6.25銭)
4年8月14日 「工部省」に「鉄道寮」設置。
5年9月12日 新橋・横浜間営業開始。
【新暦】
7年10月16日
(7年6月15日?)
5銭
22年7月1日4銭■乗車賃金
【上/中/下等】
10.68/7.12/3.56
22年7月 新橋⇒大阪 19時間00分
29年9月 新橋⇒大阪「急行」16時間29分
32年3月16日5銭【一/二/三等】
11.49/6.70/3.83
33年10月 寝台列車運行開始。
(使用料金は4.00円)
35年4月15日6銭11.91/6.95/3.97
38年1月1日12.41/7.20/4.01
39年4月16日■急行
【一/二/三等】
1.50/1.00/ -
40年11月1日9.65/5.74/3.70
45年5月30日■普通急行
1.50/1.00/0.50
■特別急行
【一/二/三等】
3.00/2.00/ -
45年6月 新橋⇒大阪「特別急行」11時間55分
大正7年7月16日■最低運賃
4銭
13.02/8.22/4.58大正3年12月 東京駅開業。
大正7年7月 料金体系に「最低運賃」を導入。
7年8月18日2.50/1.50/0.754.00/3.00/ -
9年2月1日5銭18.39/12.42/6.133.00/2.00/1.006.00/4.00/ -
12年7月1日6.00/4.00/2.00
15年4月1日18.15/12.10/6.05
昭和
(戦前)
5年4月1日18.18/12.12/6.065年10月 東京⇒大阪「燕」8時間20分
9年12月 丹名トンネル開通し8時間00分
13年4月1日19.71/12.84/6.27
15年4月1日20.25/13.10/6.353.30/2.20/1.106.60/4.40/2.20
17年1月1日7.80/4.80/2.2011.70/7.20/3.30
17年4月1日10銭31.15/19.10/8.05
18年7月1日■二種急行
■一種急行
19年4月1日- /27.00/11.50- /6.00/2.50
20年4月1日- /49.00/15.50- /13.00/3.50
昭和
(戦後)
21年3月1日20銭- /111/36■急行
- /30/10
22年3月1日50銭- /138/45- /35/12
22年7月7日1円- /465/155- /100/50
23年7月18日3円- /1200/400- /260/130
24年5月1日5円3840/1920/64024年6月1日、「日本国有鉄道」発足。
24年9月15日600/400/200■特別急行
1200/800/400
24年9月 東京⇒大阪「へいわ」9時間00分
25年1月 東京⇒大阪「つばめ」8時間00分
25年4月1日2480/1240/620
26年11月1日10円3080/1540/770750/500/2501500/1000/500
28年1月15日3480/1740/870900/600/3001800/1200/600
29年4月1日4160/2080/8701080/720/3002160/1440/60031年11月、東海道本線全線電化。
「つばめ」7時間30分
32年4月1日4760/2380/990-/840/3502880/1920/800
35年7月1日【1/2等】
2460/1030
【1/2等】
720/300
【1/2等】
1920/800
2等級に改訂。
36年4月6日2360/1180
37年4月1日2170/1180660/3001760/800
年月日最低運賃東京・新大阪間 運賃と新幹線料金備 考
昭和
(戦後)
39年10月1日■こだま
【1/2等】

2420/1100
■ひかり
【1/2等】

2860/1300
新幹線営業開始
東京⇒新大阪「ひかり」4時間00分
40年11月1日2860/13003520/1600東京⇒新大阪「ひかり」3時間10分
41年3月5日20円3180/1730
44年5月10日30円2230円1500円1900円1、2等を廃し、モノクラスに統合。
49年10月1日■山手線1区間
30円
2810円■ひかり・こだま
2200円
最低運賃は、地方線では50円、
山手線などの特定区間では30円。
50年11月20日2700円50年11月26日〜12月3日 スト権スト
51年11月6日60円4300円4000円
53年7月8日80円5100円4200円
54年5月20日100円5300円
55年4月20日5700円
56年4月20日110円6200円4600円
57年4月20日120円6600円
59年4月20日7200円60年3月、オレンジカード販売開始。
60年4月20日7600円5000円
61年9月1日8100円62年4月1日、民営化。
平成元年4月1日130円8340円5140円消費税率3%
4年3月14日■のぞみ
6090円
東京⇒新大阪「のぞみ」2時間30分
9年4月1日8510円5240円6210円消費税率5%
13年11月、Suicaサービス開始。
15年10月1日5540円19年3月、PASMOサービス開始。
26年4月1日【切符/IC】
140円/133円
8750円5400円5700円消費税率8%
                ・参考文献 : 「国鉄乗車券類大事典」、JTB、2004

7. 都電・都バス・都営地下鉄・東京メトロ料金(初乗り料金)  (⇒ページトップ)
年月都  電都 バ ス都営地下鉄東京メトロ
明治44年8月4銭東京市が東京鉄道を買収し「東京市電」となる。
大正5年7月5銭
9年6月7銭12年9月、関東大震災で大被害。
13年1月【1区券】
10銭
「東京市営バス」営業開始。
14年2月7銭
昭和
(戦前)
2年10月10銭「東京地下鉄道」、上野浅草間営業開始
6年6月10銭17年2月、東京中心部を独占。
6年9月【約2キロまで】5銭16年7月「帝都高速度交通営団(営団地下鉄)」となる。
18年6月10銭18年7月、「東京都電」となる。【1系統】
10銭
18年7月、「東京都バス」となる、
20年4月【全線均一】
20銭
昭和
(戦後)
20年12月20銭20銭
21年2月30銭
21年3月40銭40銭
21年6月50銭
22年2月50銭【1区券】
50銭
22年3月60線
22年6月1円1円
22年7月1円50銭
22年9月2円2円
22年12月2円
23年5月3円50銭
23年6月3円50銭3円50銭
23年7月7円
23年8月6円6円
24年6月8円10円
25年5月10円
26年12月10円15円15円
31年2月13円20円
35年4月25円
35年12月20円都営1号線(現浅草線)営業開始
36年7月15円37年ころ、都電の最盛期(41系統)
40年1月20円
41年1月【初乗り】
30円
42年10月20円42年12月〜47年11月、荒川線以外を撤去。【1地帯】
30円
30円
47年8月40円
48年1月30円40円40円
49年10月50円【均一】
60円
60円60円
50年4月70円
52年5月70円90円80円80円
53年10月90円110円100円
56年5月120円130円120円
57年1月100円
57年2月140円
59年7月130円130円
59年11月120円
60年4月140円160円140円
平成2年11月140円
4年2月180円
7年3月160円200円170円
7年9月13年12月、大江戸線開業160円16年4月、「東京地下鉄(東京メトロ)」となる。
26年4月170円消費税率8%現金210円
IC206円
消費税率8%現金170円
IC165円
消費税率8%
26年6月現金180円
IC174円
消費税率8%

8. タクシー料金(東京都心部)  (⇒ページトップ)
料 金条 件備 考
明治40年5人乗り 7円
2人乗り 3円50銭
1時間賃貸乗用自動車
43年5人乗り 1円
4人乗り 60銭
2人乗り 50銭
1マイル(1.6キロ)
大正元年60銭1マイル(1.6キロ)銀座にタクシー誕生。大正元年8月5日「タクシーの日」
14年50銭1.0キロ
昭和
(戦前)
2年1円東京市内通称「円タク」
5年50銭2マイル(3.2キロ)
7年30銭1マイル(1.6キロ)
13年2.0キロ
15年ガソリン配給制のため、メータ表示料金の5割増し
16年70銭
17年80銭

年 月初乗り料金爾後料金備 考
昭和
(戦後)
27年11月2.0キロまで80円500メートルごとに20円22〜27年ころ、「輪タク」(自転車タクシー)があった。
39年1月100円450メートルごとに 20円
45年3月130円445メートルごとに20円時間併用、深夜早朝割増
47年2月170円435メートルごとに30円
49年1月220円初乗り運賃の81%
49年11月280円410メートルごとに50円
52年5月330円405メートルごとに60円
54年9月380円415メートルごとに70円
56年9月430円405メートルごとに80円
59年2月470円380メートルごとに90円
平成元年2月470円370メートルごとに80円
2年5月520円355メートルごとに80円
4年5月600円347メートルごとに90円
7年3月650円280メートルごとに80円
9年4月660円274メートルごとに80円消費税率5%
平成14年2月、タクシー規制緩和
(免許制から許可制へ)
19年12月710円288メートルごとに90円
26年4月730円280メートルごとに90円消費税率8%
29年1月1.052キロまで410円237メートルごとに80円

9. NHK放送受信料(月額)  (⇒ページトップ)
年 月ラジオテレビカラー衛星普通衛星カラー備考
大正15年8月1円14年3月、ラジオ放送開始。
14年7月、本放送開始。
昭和
(戦前)
7年4月75銭
10年4月50銭13年12月〜14年3月、
1戸1受信機運動のため、
一時40銭に引き下げ。
20年4月1円
昭和
(戦後)
21年4月2円50銭
21年9月5円
22年9月17円50銭
23年7月35円25年6月、放送法施行。
26年4月50円
28年2月【テレビ】
200円
28年2月、テレビ本放送開始。
29年4月67円
(3か月200円)
300円
34年4月85円35年9月、カラー放送開始。
37年4月【契約乙】
50円
【契約甲】
330円
35〜36年ころ、
テレビ契約数が
ラジオ契約数を超える。
43年4月廃止【普通契約】
315円
【カラー契約】
465円
51年6月420円710円
55年5月520円880円
59年4月630円990円
平成元年4月650円1020円消費税率3%
元年8月【衛星普通】
1580円
【衛星カラー】
1950円
元年6月、衛星放送本放送開始。
2年4月840円1320円1770円2250円
9年4月855円1345円1800円2290円消費税率5%
19年10月廃止【地上契約】
1345円
廃止【衛星契約】
2290円
24年10月1225円2170円値下げ
26年4月1260円2230円消費税率8%

                ・2か月払い、3か月払い、半年払い、年額などを月額に換算しています。 必ずしも最安価料金とは限りません。
                ・昭和59年以降は、口座振替・クレジットカード等継続払の料金です。

10. 朝日新聞購読料  (⇒ページトップ)
年 月大阪朝日新聞東京朝日新聞備考
月額朝刊1部夕刊1部月額朝刊1部夕刊1部
明 治12年1月18銭1銭大阪朝日新聞発刊。1部4ページ
12年12月20銭
14年4月25銭1.3銭
15年3月1.5銭
21年7月25銭1銭東京朝日新聞発刊。
23年10月30銭1.5銭
24年11月28銭
28年5月30銭
29年11月35銭
30年1月36銭1枚1銭東京では1日2回発行。
30年6月33銭
30年8月33銭1.5銭
33年7月40銭2銭
37年2月48銭
37年3月37銭
39年1月45銭
大 正3年8月50銭
3年10月3銭1銭大阪で夕刊が発刊される。
6年1月40銭2銭
6年10月60銭45銭
7年6月60銭
7年7月75銭
8年8月2銭65銭3銭
8年9月90銭
9年1月75銭
9年4月1円20銭5銭
9年6月90銭4銭
10年2月1円10銭5銭2銭東京でも夕刊が発刊される。
11年1月1円10銭
11年7月1円4銭
12年10月80銭
13年9月90銭5銭
15年1月1円

年 月月額朝刊1部夕刊1部備考
昭 和
(戦前)
5年10月90銭5銭2銭東京と大阪で同一料金となる。
9年8月1円
12年7月1.2円6銭
18年11月1.3円
19年4月1.25円5銭夕刊廃止(〜24年12月)
19年11月1.5円
20年7月2.7円10銭
昭 和
(戦後)
21年2月5円15銭
21年8月8円25銭
22年5月12.5円40銭
22年10月20円60銭政府統制令下(〜26年4月)
23年5月27円85銭
23年7月42円1.5円

年 月月額
(朝刊)
月額
(夕刊単独)
1部
(4ページ判)
1部
(2ページ判)
備考
昭 和
(戦後)
23年9月44.75円2円1.5円曜日によって2ページ判と4ページ判
24年12月44.75円夕刊再刊
25年1月53円52.5円2.5円
25年8月55円
25年9月57円
25年10月52円
25年11月70円65.6円2円
26年1月75円
26年5月100円80円3.5円3円
26年6月90円
26年9月130円100円4.5円

年 月月額
(セット版)
月額
(統合版)
朝刊1部夕刊1部備考
昭 和
(戦後)
26年10月220円130円4.5円3円「セット版」と「統合版」に分離
27年4月230円
27年7月150円
27年11月280円5円4円
29年9月330円230円8円
34年4月390円290円10円
37年11月450円350円12円
39年10月15円7円
40年10月580円430円10円
43年11月660円500円
44年1月20円
44年11月750円580円
46年4月900円700円25円
47年10月15円
48年7月1100円850円30円
49年7月1700円1300円50円20円
53年3月2000円1500円60円
55年6月2600円1900円70円40円
61年5月2800円2100円80円
平 成元年2月3100円2300円90円
元年4月3190円消費税率3%
4年2月3650円100円50円
5年12月3850円110円
9年4月3925円3007円130円消費税率5%
22年5月150円
26年4月4037円3093円消費税率8%

11. 岩波文庫定価  (⇒ページトップ)
年月夏目漱石『こころ』の定価備考
昭和
(戦前)
2年7月20銭★★ 40銭『こころ』など22点発刊
16年9月★★★ 60銭 (第25刷)18年5月〜12月、+20%の特別行為税。
19年個別定価となる。
昭和
(戦後)
20年10月1円80銭 (第26刷)臨時定価
25年1月30円★★★ 90円 (第27刷)
26年6月40円★★★ 120円
37年4月50円★★★ 150円
48年10月70円★★★ 210円
50年6月(70円)100円☆☆☆ 300円
54年10月50円100円
56年4月300円星印表示をやめる
平成元年5月310円(内税)元年4月、3%の消費税導入
7年10月360円(内税)
9年7月*400円9年4月、消費税5%
16年9月*460円
*500円
25年ころ*600円26年4月、消費税8%

12. 国家公務員(上級)の初任給  (⇒ページトップ)
高等文官 初任給
明治21年3月50〜37.5円
下記注※参照
27年およそ50円
40年およそ55円
大正7年およそ70円
9年8月75円
昭和21年540円
23年1月2,300円
23年6月2,990円
23年12月4,863円
六級職 初任給
昭和24年4月4,223円
26年1月5,500円
26年10月6,500円
27年11月7,650円
29年1月8,700円
32年4月9,200円
上級 初任給
昭和33年4月9,200円
34年4月10,200円
34年10月10,680円
35年4月10,800円
35年10月12,000円

上級(甲) 初任給
昭和36年4月12,900円
36年10月14,200円
37年10月15,700円
38年10月17,100円
39年9月19,100円
40年4月19,610円
40年9月21,600円
41年9月23,300円
42年8月25,200円
43年4月25,302円
43年7月27,702円
44年4月27,906円
44年6月31,306円
45年4月31,510円
45年5月36,100円
46年5月41,400円
47年4月47,200円
48年4月55,600円
49年4月72,800円
50年4月80,500円
51年4月86,000円
52年4月91,900円
53年4月94,600円
54年4月97,500円
55年4月101,600円
56年4月106,900円
58年4月109,100円
59年4月112,800円

T種 初任給
昭和61年4月121,600円
62年4月123,600円
63年4月141,000円
平成元年4月146,600円
2年4月157,300円
3年4月168,000円
4年4月175,300円
5年4月179,200円
6年4月180,500円
8年4月181,400円
9年4月183,200円
10年4月184,200円
14年12月180,900円
15年11月179,800円
17年12月179,200円
19年4月181,200円
総合職 初任給院卒大卒
平成25年4月203,600円181,200円
26年4月205,400円
27年4月207,900円
                ※ 明治21年3月の閣令によると、帝国大学を卒業した「試補」の給与は、卒業試験の成績によって次の通り定められた。(年給)
                   ・85点以上 600円   ・75点以上 550円   ・65点以上 500円  ・落第点以上 450円

13. 最低賃金(東京都)  (⇒ページトップ)
発効年月日額時間額
昭和48年12月1450円181.25円
50年1月1794円224.25円
51年1月2063円258円
51年11月2260円310円
52年10月2478円345円
53年10月2633円365円
54年12月2795円382円
55年11月2991円405円
56年10月3182円422円
58年1月3352円442円
58年12月3458円452円
59年11月3564円463円
60年10月3691円477円
61年10月3801円488円
62年10月3884円497円
63年11月4000円508円

発効年月日額時間額
平成元年11月4160円525円
2年10月4357円548円
3年10月4570円575円
4年11月4762円601円
5年10月4910円620円
6年10月5028円634円
7年10月5114円650円
8年10月5252円664円
9年10月5368円679円
10年10月5465円692円
11年10月5514円698円
12年10月5559円703円
13年10月5597円708円

発効年月日額時間額
平成14年9月廃止708円
16年10月710円
17年10月714円
18年10月719円
19年10月739円
20年10月766円
21年10月791円
22年10月821円
23年10月837円
24年10月850円
25年10月869円
26年10月888円
27年10月907円
28年10月932円
29年10月958円

14. 東京国立博物館入場料金  (⇒ページトップ)
年 月大 人小 人
明治5年3月2銭
15年3月日曜5銭
平日3銭
土曜2銭
大人の
半額
35年1月5銭3銭
大正11年1月10銭3銭
昭和21年3月50銭20銭
22年6月3円1円
23年4月10円5円
28年6月20円10円
29年11月30円15円

年 月大人高校・
大学生
小・
中学生
昭和34年4月50円30円20円
43年5月80円
51年150円60円40円
53年200円
56年250円80円50円
59月300円100円50円
62年350円120円60円
平成元年360円
3年400円130円70円

年 月一般大学生備考
平成9年420円130円高校生以下と
65歳以上は
無料
18年10月600円400円高校生以下と
70歳以上は
無料
26年4月620円410円

15. 公衆浴場入浴料金(東京)  (⇒ページトップ)
               戦  前
戦前の入浴料金については、史料によって異なる価を示している。
あまりにもバラバラなため、各史料の数字をそのまま列挙します。
史料名は伏せます。

年 月史料1史料2史料3史料4史料5
明 治元年16文8厘大小とも 8厘
2年
4年1銭
5年1銭5厘1銭5厘
11年
12年7厘〜8厘〜1銭大1銭 小5厘
13年1銭1厘大1銭 小5厘
14年1銭2厘大1銭 小5厘
15年1銭4厘1銭2厘
17年1銭2厘
18年1銭3厘
19年1銭2厘
20年1銭3厘1銭3厘1銭5厘大1銭5厘 小1銭2厘
21年1銭2厘
22年大1銭5厘 小1銭2厘
24年1銭3厘
28年2銭1厘
29年2銭2銭大2銭 小1銭5厘大2銭 小1銭5厘
30年2銭5厘
33年3銭
35年3銭〜2銭5厘2銭5厘2銭5厘大2銭5厘 小2銭大2銭5厘 小2銭
36年3銭
40年3銭
42年3銭〜2銭2銭3銭大3銭 小2銭大3銭 小2銭
43年3銭
大 正元年3銭
3年4銭大4銭 小3銭大4銭 小3銭
6年(9月) 大4銭 小3銭(9月) 4銭大3銭 小3銭
大4銭 小3銭
(5月) 大3銭 小3銭
(9月) 大4銭 小3銭
8年5銭
9年(10月) 5銭5銭(10月) 大5銭 小3銭大5銭 小3銭
10年(4月) 大6銭 小5銭(11月) 6銭大6銭 小5銭(4月) 大6銭 小5銭
11年(11月) 大5銭 小5銭(11月) 5銭大5銭 小4銭
12年6銭(8月) 6銭大6銭 小5銭
13年5銭
15年5銭
昭 和
(戦前)
7年7銭
12年6銭(8月) 6銭
15年8銭
18年(6月) 8銭
19年12銭(8月) 12銭

               戦  後
年 月大人料金
(12才以上)
中人料金
(6才以上
12才未満)
小人料金
(6才未満)
婦人
洗髪料金
備 考
昭 和
(戦後)
20年11月20銭7才以上は
大人料金
10銭30銭
21年1月50銭30銭1円
21年8月70銭
21年11月90銭50銭1円50銭
22年1月1円60銭
22年3月1円30銭70銭
22年7月2円1円2円
22年9月3円1円50銭3円
22年10月4円2円4円
23年3月6円4円2円6円
23年8月10円8円5円10円
26年10月12円10円6円
28年2月15円12円
32年11月16円
35年7月17円13円7円
37年1月19円15円8円
38年9月23円
40年6月28円5円
42年12月32円昭和43年ころ、東京都内の公衆浴場軒数
戦後最大の2687軒。
44年3月35円10円
45年5月38円20円廃止
46年5月40円
47年5月48円
48年6月55円
49年5月75円30円15円
50年5月100円50円20円
51年5月120円60円25円
52年5月140円
53年5月155円70円30円
54年5月170円80円
54年12月180円
55年5月195円90円40円
56年5月220円
57年5月230円110円60円
58年5月240円120円
59年5月250円
60年5月260円
62年5月270円130円
63年5月280円140円70円
平 成元年5月295円145円
2年5月310円150円
3年5月320円
4年5月330円
5年5月340円160円
6年5月350円170円
7年5月360円
8年5月370円
9年6月385円
12年5月400円180円80円
18年6月430円
20年6月450円
26年7月460円平成27年末、628軒
               ・昭和23年以降は、「東京都公衆浴場業生活衛生同業組合」のデータによる。

16. たばこ料金  (⇒ページトップ)
年 月「はぎ」「朝日」
(20本)
「ゴールデンバット」
(10本/20本)
「ピース」
(10本)
「ハイライト」
(20本)
備考
明治37年6月【40匁】
24銭
6銭「煙草専売法」実施。大蔵省専売局。
39年9月【10本】
4銭
40年12月30銭8銭5銭
大正6年12月34銭10銭6銭
8年8月42銭12銭7銭
11年10月40銭6銭
14年11月45銭15銭7銭
昭和
(戦前)
11年11月昭和7年 【150g】17銭8銭
13年1月18銭
14年9月【150g/30g】
45銭/10銭
14年11月55銭/12銭20銭9銭
15年11月、「金鵄」に改名
16年11月【30g】
13銭
25銭10銭
18年1月20銭45銭15銭
18年12月30銭70銭23銭19年1月、割当配給制実施
19年5月【10本/20本】
23銭/45銭
20年3月40銭90銭35銭/70銭ヤミ相場では、10本入り6〜15円。
昭和
(戦後)
21年1月7円
21年7月2.4円1円/2円10円
21年12月20円
22年4月6円2.5円/5円30円
22年11月50円
23年1月15円6円/12円
23年7月40円11円/22円60円
24年1月「ゴールデンバット」に戻す
15円/30円
24年9月、「日本専売公社」発足。
25年4月25年3月終了50円25年4月、割当配給制廃止
26年4月【20本】
30円
40円
26年7月30円
29年4月45円
31年3月40円
35年6月70円
43年5月50円80円
50年12月51年12月終了40円75円120円
55年4月50円90円150円
58年5月70円100円170円60年4月、
「日本たばこ産業株式会社(JT)」発足。
61年5月90円120円200円
平成9年4月230円消費税率5%
10年12月110円130円250円たばこ特別税
15年7月130円140円270円
18年7月140円150円290円
22年10月200円220円410円
26年4月210円230円420円消費税率8%
28年4月260円
フィルター付きとなる


17. 宝くじ    (⇒ページトップ)
               勝札(かちふだ)
年月名称単価1等賞金備 考
昭和20年7月第1回勝札10円10万円発売期間:7月16日〜8月15日、抽せん日:8月25日

               政府宝くじ
年月名称単価1等賞金副賞の例備 考
昭和20年10月第1回寳籤10円10万円純綿キャラコ50ヤール最初の政府宝籤
21年4月第3回寳籤1万円キャラコ、化粧せっけん新円切り替えのため賞金減額
22年5月第7回寳籤20円20万円自転車、ウイスキー
22年12月第9回寳籤50円特等100万円
23年9月第1回宝くじ30円100万円ホームスパン服地1着分
24年10月第9回宝くじ25円オーバー地1着分、毛糸1ポンド
25年3月25年第3回宝くじ30円前後賞75万円、前々後々賞25万円
25年5月25年第5回宝くじ50円ワイシャツ副賞の最後
26年8月26年第8回宝くじ20円110万円末尾違い賞10万円
26年9月26年第9回宝くじ50円
30円
20円
200万円
120万円
80万円
28年6月28年第6回宝くじ50円親一等300万円
子一等10万円
29年3月29年3月宝くじ100円400万円最後の政府宝くじ(政府くじの111回目)

               全国自治宝くじ
年月回数単価1等賞金前後賞備 考
昭和29年12月第1回100円400万円
35年12月第28回500万円
40年12月第58回700万円
41年12月第64回800万円
42年12月第70回100万円
43年12月第76回1000万円
49年5月第109回500万円
50年7月2枚シート
200円
2枚シート
1600万円
50年12月第118回100円1000万円
52年7月第133回
第134回
2枚シート
200円
2枚シート
2000万円
往復はがきによる予約販売制となる
53年6月第140回200円2000万円500万円
53年12月第145回1000万円
54年5月第148回500万円
54年8月第151回サマージャンボ(”ジャンボ”の始まり)
55年5月第158回300円3000万円
56年11月500万円
58年12月第194回1000万円予約券が売り場で配布される
60年12月第219回5000万円
61年12月第232回1500万円
62年12月第245回6000万円
平成元年11月第270回2000万円
4年11月第309回3000万円
6年11月第335回3500万円
8年7月第354回500円1億円阪神淡路大震災復興協賛宝くじ
8年11月第359回300円6000万円4500万円予約制廃止
11年5月第393回2億円5000万円
24年2月第617回3億円1億円東日本大震災支援グリーンジャンボ宝くじ
24年7月第624回4億円5000万円
24年12月第633回1億円
25年12月第651回5億円
27年11月第688回7億円1.5億円

18. パチンコの貸玉料  (⇒ページトップ)
年月貸玉料景品上限額備考
昭和21年昭和21年、禁止されていたパチンコが復活。
23年1円昭和23年、「正村ゲージ」。
24年2円
27年?100円
36年300円昭和35年、「チューリップ」。
43年?500円
47年3円
48年1000円昭和48年、電動式となる。
52年1500円
53年4円以下
55年2500円昭和55年、「三共フィーバー」。
60年3000円
平成2年10000円
26年4円+消費税以下9600円+消費税

19. 東京大学授業料(年額)  (⇒ページトップ)
年度授業料備考
明治12年12円明治10年4月、「東京大学」設立
19年25円明治19年3月、「帝国大学」
37年35円明治30年6月、「東京帝国大学」
43年50円
大正11年75円
14年100円
昭和4年120円

年度授業料備考
昭和
戦後
20年150円
21年360円
22年600円22年9月、「東京大学」
23年1,200円24年5月、「(新制)東京大学」
27年6,000円
33年9,000円
38年12,000円44年3月、入試中止
47年36,000円
51年96,000円
53年144,000円
55年180,000円
57年216,000円
59年252,000円
62年300,000円
平成元年339,600円
3年375,600円
5年411,600円
7年447,600円
9年469,200円
11年478,800円
13年496,800円
15年520,800円16年4月、国立大学法人に移行
17年535,800円

20. 文化功労者の年金  (⇒ページトップ)
適用年月年金額備考
昭和26年4月50万円「文化功労者年金法」施行。
湯川秀樹、本多光太郎ら34名が受賞。
39年4月100万円
46年4月150万円
49年4月200万円
50年4月240万円
52年4月280万円
55年4月320万円
57年4月350万円(法令の公布・施行は57年12月)

21. 選挙権資格  (⇒ページトップ)
選挙法公布年月総選挙実施年月選挙権資格有権者数
直接国税年齢性別有権者数全人口中の割合
明治22年2月明治23年7月15円以上25歳以上45万人1.1%
明治33年3月明治35年8月10円以上98万人2.2%
大正8年5月大正9年5月3円以上307万人5.5%
大正14年5月昭和3年2月条件なし1241万人20.0%
昭和20年12月昭和21年4月20歳以上男女3688万人48.7%
平成27年6月平成28年7月18歳以上10660万人84.0%

22. 選挙の供託金  (⇒ページトップ)
衆議院参議院都道府県知事備考
大正14年5月2000円普通選挙法
昭和25年4月3万円【地方区】
3万円
【全国区】
3万円
3万円公職選挙法
27年10万円10万円10万円10万円
33年20万円
37年15万円15万円30万円15万円
44年30万円30万円60万円30万円
50年100万円100万円200万円100万円
57年200万円【選挙区】
200万円
【比例区】
400万円
200万円
平成4年300万円300万円600万円300万円
6年【選挙区】
300万円
【比例区】
600万円

23. 代人料(兵役免除の料金)  (⇒ページトップ)
徴兵令施行・改訂年月代人料備考
明治6年1月270円270円は、歩兵兵卒3年間の維持費相当金額
明治12年10月400円
明治16年12月廃止

24. 科料と罰金  (⇒ページトップ)
年月科料罰金
(一般の罰金) (過失致死罪の罰金)
勾留・留置の1日当りの換算金額関連法規
明治13年7月5銭以上1円95銭以下2円以上20円以上200円以下1円(旧)刑法
40年4月10銭以上20円未満20円以上1000円以下(明治後期〜昭和戦前は2円の判例が多い)(現行)刑法
昭和23年7月20円刑事訴訟法
24年2月5円以上1000円未満1000円以上5万円以下200円
(30年代後半は250円の判例が多く、
40年代前半は500円の判例が多い)
罰金等臨時措置法
47年7月20円以上4000円未満4000円以上20万円以下800円
(1000円の判例が多い)
平成3年5月1000円以上1万円未満1万円以上50万円以下4000円
(5000円の判例が多い)
刑法



一般的な参考文献 :
  「日本近現代史辞典」、東洋経済新報社、1978
  「岩波日本史辞典」、岩波書店、1999
  「値段史年表 明治大正昭和」、週刊朝日編、1988
  「戦後値段史年表」、週刊朝日編、1995
  「物価の○○史事典」、展○社、2008 ・・・余りにも誤字が多く、参考にしてはならない。杜撰の見本。
  Wikipedia
  その他

2007.11.6 初版  以下、主な追加履歴
2008.6.15 公務員初任給 2008.9.20 国立博物館 2008.11.3 NHK 2009.5.17 朝日新聞 2012.2.4 選挙権資格 2012.4.20 岩波文庫 2012.10.31 最低賃金
2014.7.6 宝くじ 2014.8.2 東京メトロ 2015.12.13 東京大学の授業料、文化功労者の年金 2016.1.19 パチンコの貸玉料 2016.3.1 科料と罰金
2016.4.13 水道料金、電気料金 2016.5 ガス料金  2017.11.4 選挙の供託金
都度最新データに改定