皇朝十二銭


● 和同開珎の発行
皇朝十二銭の重さと成分の概略値。(大きなばらつきがある)
  慶雲5年(708)、武蔵秩父で銅が発見されたのと知らせがあり、朝廷ではこれを吉祥とし、年号を「和銅」と改元。 折から律令国家の整備、新都の造営などを計画していた朝廷、その財源として、かねてから計画していたわが国初の銭「和同開珎」を発行します。
  製造原価を大幅に上回る値段に設定しますから、朝廷にとっては大きな収入になります。 しかし、布(麻・絹)や稲・米を通貨代わりにしていた時代で、国民は素直に使い始められません。

● 流通促進策
  朝廷は、あの手この手で貨幣の流通を促進します。 和銅4〜6年にかけて、次々と策を実施します。
   ・和銅4年、貴族・官吏への俸給一部を銭とする。
   ・和銅4年、銭を蓄えると位階を上げるとの令。いわゆる「蓄銭叙位の令」。
   ・和銅5年、地方官(郡司、少領)は6000枚以上を蓄銭しないと採用しないとの令。
   ・和銅5年、旅行者は銭を携帯するようにとの令。
   ・和銅5年、納税に銭を許すようにする。
   ・和銅6年、田地を売買するときは、必ず銭で行い、違反者はその田地を没収するとの令。
  一応、都やその周辺では銭を使う人も増え、東大寺の売買記録などでも、銭を使ったことが多く記されています。
No.1 和同開珎
模範にしたのは唐の「開元通宝」
24.3mm 2.1g

● 改鋳、改鋳、・・・
  天平宝字4年(760年)、時の権力者恵美押勝は、新たに金銭(開基勝宝)、銀銭(太平元宝)、銅銭(萬年通宝)を発行し、
     金銭1枚=銀銭10枚=新銭(萬年通宝)100枚=旧銭(和同開珎)1000枚
と定めます。 
  開基勝宝は現存32枚で、1枚は皇室、残りは東京博物館の所蔵です。 太平元宝は、これまで2枚があったそうですが、現在2枚とも行方不明。 ともに貨幣として機能していたとは思えません。   ⇒東京国立博物館の開基勝宝
  新銭は、旧銭10枚分としたものの、わずかに大きいだけで、国民には不評でした。 そのため、旧銭10枚分以下の相場になってしまいトラブル頻発、12年後には同じ価値とする始末。
  この後、朝廷は20年くらいごとに改鋳を行いましたが、毎回同じようなことになっていたと想像されます。

No.2 万年通宝
琵琶湖の沖ノ島で出土
26.0mm 4.3g
No.3 神功開宝
皇朝銭の3番目
25.0mm 3.4g
● 問題点続出
  【ニセガネの多発】発行当初から贋金が多く、朝廷はたびたび、犯人には斬首などの厳しい対応をとりました。 しかし、贋金作りは後を絶たず、数百年にわたって何度も同じ禁令が出ています。 現存する皇朝銭は、ホンモノと当時のニセガネの区別がつきません。 それだけホンモノのできが悪かったということです。
  【貨幣の退蔵】貧富の差が大きかった時代です。 貴族や富裕層は、蓄財の手段として貨幣を退蔵します。 貨幣の流通が減少し、日常の商取引にも影響してきます。 ここで、朝廷は方針を変更し、798年に蓄銭を禁止し、800年には蓄銭叙位の令を廃止します。
  【銭の品質低下】銭は次第に軽くなり、鉛が多くなり、銭文が読みにくくなるなど、品質が悪くなります。 1字でも読めるものは銭として使え、との撰銭禁止令をたびたび出しました。

No.4 隆平永宝
24.5mm 3.6g
No.5 富寿神宝
少し小さくなる
22.9mm 3.5g
● 貨幣生産量の減少、需要も減少
  和同開珎から100年たっても、朝廷は銭による増収のうまみを捨てきれません。 しかし・・・
  【生産量の減少】銅の産出量が減少する一方、仏教の隆盛で仏像などに使う銅の消費量が増大し、鋳銭量が減ってゆきます。 9世紀になると、年間11000貫の計画に対して、3500貫しか生産できないとの記録もあります。
  【需要の減少】大貴族や寺社の荘園がひろがりましたが、荘園は自給自足を基本とします。 当然、貨幣の必要性が薄れてゆきます。
  935年、土佐より帰国する紀貫之は日記の中で、銭を持たずに帰国すると書いています。 任地で蓄財して帰国する役人が多かった時代に、自身の清廉さを書いたのかも知れませんが、地方では銭を使う習慣がなくなっていたためではないでしょうか。

No.9 貞観永宝
字が崩れている
18.8mm 2.6g
No.10 寛平大宝
粗製乱造のせいか、だいぶ薄い
17.5mm 0.8g
● 最後は神頼み
  958年、最後の皇朝銭「乾元大宝」が発行されます。 発行量は極めて少ないです。
  ついに、984年には銅銭が銅地金の重さで取引されるようになり、986年には「一切世俗銭を用いず」の情勢となります。
  987年、朝廷は諸寺に銭の流通を祈ります。 最後の神頼みのようでした。 1000年ころから、「銭」の記録はほとんど無くなりました。

No.11 延喜通宝
醍醐天皇の御筆と伝えられる
皇朝銭中現存量は最多
17.8mm 1.8g
No.12 乾元大宝
皇朝銭の最後
19.9mm  2.2g

● 皇朝銭の300年
  皇朝12銭300年の歴史年表です。  は皇朝12銭です。
  皇朝銭の時代の銭1文の価値を、当時のお米の値段で探ってみます。 お米1升は現代の4割(720cc)で、当時の大人1日分の食糧です。 黒米とは、籾のついたお米のこと。
  記録は、飢饉で高騰したときの数字が多いですから、平常時だと1升=5〜10文だったと思われます。
  また、別の記録から、人足の日当=10文、下級役人の日当=25文くらいのことが多かったようです。 食糧を基準にすると、1文は100円くらい、労賃を基準にすると500円くらい ・・・ になります。

世紀皇朝銭の記事お米1升の値段関連記事
5世紀 486 「日本書記」によると、「顕宗天皇2年、天下平安、此登稔、百姓殷富、稲斛銀銭一文重ニ文目八分」・・・史実とは思えない
6世紀
7世紀 670ころ 天智天皇のころ、無紋銀銭を使用した?
683 「日本書記」によると、天武天皇「白鳳十二年四月、詔書、自今後、用銅銭、莫用銀銭」・・・これが、富本銭ではないかとの推測もある。
694/699? 初めて鋳銭司を置く。
607 小野妹子の遣隋使。
630 犬上御田鍬の遣唐使。
8世紀 708 1月武蔵国秩父で大量の自然銅が発見され、「和銅」と改元。
  2月催鋳銭司を設置。5月11日「和同開珎」銀銭を発行、
  8月10日「和同開珎」銅銭を発行。
709 1月銀銭の私鋳を禁止。8月銀銭の発行を停止。
710 9月銀銭の通用を停止。
711 12月蓄銭叙位の令。
  このころ、私鋳銭造りが多く、犯人は斬首とする。
712 12月庸調の銭納を認める。
714 9月銭を択ることを禁止、違反者は杖100とする。
721 銀銭1を銅銭25に当てる。(翌年50に改訂)
722 調銭(税金の銭納)の制度始まる。
751 都の西南に橋を造るため、諸国より国の大きさに従って1〜10貫文を出させる。
758 恵美押勝に鋳銭権が与えられる。
760 「萬年通宝」、「開基勝宝(金銭)」、「太平元宝(銀銭)」を発行。
  金銭1=銀銭10、銀銭1=新銭10、新銭1=旧銭(和同銭)10とする。
765 「神功開宝」を発行。 このころ贋金作り多発する。
768 このころ蓄銭叙位の令で任官する人が最盛。
772 新銭旧銭の値を同一にする。
773 穀物騰貴により、常平法を定める。
796 「隆平永宝」を発行。
798,800 蓄銭の禁止と、蓄銭叙位の令の廃止
711 「穀6升を以て銭1文に当て・・」(続日本紀)。
  (穀6升は白米3升に相当する)
721 1文(都)BD
722 2文(都)B
736 10文(この年凶作)AB
738 「調銭567文稲70.85束」(和泉監正税帳)@D
  (米1升1.6文に相当)
751 5文(正倉院文書)@AB
758 粳米5.8〜7.0(正倉院?の購入記録)C
760 白米4〜6文(正倉院文書)C
762 白米6.5〜7.4文、黒米5.5〜6.0文
  (正倉院文書)E
  同年の暮、白米11.0〜11.1文、黒米9.2文、
  粳米12.3文(東大寺の購入記録)D
763 黒米7文(正倉院文書)E
764 10文。「是の年兵(いくさ;恵美押勝の乱)と
  旱(ひでり)相よりて、米石ごとに千銭」(続日本紀)
  同じ年の正倉院文書によると、30文E
765 新銭で20文。諸国飢饉で米価高騰。
  新銭は神功開宝、旧銭(和同開珎、萬年通宝)は
  この10倍。(続日本紀)
771 6〜7文。(正倉院?の購入記録)C
701 大宝律令完成。
710 平城遷都。
729 長屋王の変。
757 橘諸兄が失脚し、藤原仲麻呂(恵美押勝)が政権を握る。
764 恵美押勝が失脚し、道鏡が政権を握る。
770 道鏡失脚。
784 長岡遷都。
794 平安遷都。
9世紀 802 上田1町の値段を4000文以下にせよとの詔を出す。
818 「富寿神宝」を発行。量目と品質は低下。
  年間の鋳造量は3500〜11000貫で、総額10万貫前後と推定。
835(承和2年) 「承和昌宝」を発行。初めて年号を冠した銭銘。
  品質はさらに劣化。鋳造量は10万貫前後と推定。
848 「長年大宝」を発行。
859 「饒益神宝」を発行。
だんだん品質が劣化、できの悪い銭を嫌うのを禁止。
865 撰銭の禁止。
867 都に常平所を置き、穀価を調整する。
870 「貞観永宝」を発行。
890 「寛平大宝」を発行。
鋳造量激減、一時期年間500貫になる。
849 白米26文、黒米18文。推定値@
866 白米40文、黒米30文(三大実録)。
  飢饉のため、政府が安価で販売したもの。
  同じ年、東西津頭(難波津、大津)の実勢価格は、
  白米72文、黒米41文(三大実録)。
876 飢饉のため官米を8文で売る。
  市中相場は14文。
801 坂上田村麻呂の蝦夷平定。
820ころ〜 班田収受の制が崩れ、皇族・貴族・寺社の荘園化が進む。
859 藤原氏の摂関政治の開始。
894 遣唐使の廃止。
10世紀 907 「延喜通宝」を発行。
927 銭名が1字でも読めるものは通用しろ、との令(「延喜式」)。
939 藤原純友、周防の鋳銭司を焼き払う。
958 「乾元大宝」を発行。
984 銭が嫌われ、銅銭と銅が同じ値段になる。
986 ”一切世俗銭を用いず”(「本朝世紀」)の状態となる。
987 諸寺に銭貨の流通を祈る。検非違使をして銭貨通用を強制させる。
909 3文。「常平所の穀升別寛平銭3文に充つ」
  (扶桑略記)
939〜942 17〜18文。「米の価格升別に新銭17,
  18文。頻年飢饉によってなり」(本朝世紀)
899〜930 醍醐天皇の延喜の治。
935〜941 承平天慶の乱。
その後 1761 摂津天王寺村にて、畑の中から無文銀銭約100枚が掘り出される。
1794 大和西大寺西塔跡にて、1枚の開基勝宝が堀出される。
1923 琵琶湖沖ノ島にて、4000枚余の和同開珎・萬年通宝、神功開宝が発見される。
1937 奈良西大寺畑山にて、林の中から31枚の開基勝宝が発見される。
1940 大津崇福寺にて、12枚の無文銀銭が発見される。
1997 大阪細工谷にて、和同開珎の枝銭が発見される。
1999 奈良飛鳥池にて、33点の富本銭が発見される。

参考文献:
  @久光重平、「日本貨幣物語」、毎日新聞社、1976
  A岡田稔、「銭の歴史」、大陸書房、1971
  B「お金の百科事典」、歴史読本、1974
  C「古代・中世都市生活史(物価)データベース」、国立歴史民族博物館
  D澤田吾一、「奈良朝時代民政経済の数的研究」、富山房、昭和2
  E青木和夫他校注、「新日本古典文学大系・続日本紀」、岩波書店、1989〜98
  F「新訂貨幣手帳」、ボナンザ、1982
  G「日本の貨幣−収集の手引き−」、日本貨幣商協同組合、1998



      「和同開珎」とその実力


2007.3.13 2011.7.17