昔の1円は今の何円?


「旧1円金貨」
明治4年から13年にかけて発行された1円金貨。
明治30年からは2円として通用されました。
12.12mm 1.67g 品位900 (金地金としての価値は、2005/8/12現在2378円です)

ことがら明治38年ころ平成12年ころ比 率
食べ物たまご(1個)2銭4厘18円750倍
白米(10Kg)1円19銭4,934円4,100倍
カレーライス6銭656円11,000倍
そば(もり、かけ)2銭443円22,000倍
給料高等国家公務員の初任給50円18万円3,600倍
大銀行の初任給(大卒)35円18万円5,100倍
小学校の先生の初任給10〜13円20万円15,000〜20,000倍
大工さんの手間賃(1日)85銭18,940円22,000倍
サービス国鉄初乗り料金5銭130円2,600倍
はがき1銭5厘50円3,333倍
映画館入場料20銭1,800円9,000倍
理髪代15銭3,612円24,000倍
その他自転車200円2万円100倍
目覚まし時計1円38銭5,000円3,600倍
新聞購読料(1月)45銭3,250円7,200倍
銀座の土地(1坪)300円9000万円300,000倍

  よく、「昔の1円は今の何円?」と聞かれます。
  明治・大正・昭和の時代にもよりますし、何を基準にするかによって大きく変わります。
  右の表は、わたしのホームページの「坊っちゃん」に書いている、明治38年ころと現在の物価を比較したものです。これを見ても、当時の1円が、現在の数千円だったり、数万円だったりします。
  


「1円銀貨」
明治3年から30年にかけて発行された1円銀貨。
当初は外国との貿易専用貨幣として発行されました。
明治11年よりは国内での流通も許されましたが、明治30年には通用停止となりました。
38.1mm 26.96g 品位900

  何を基準にするかによって数字が大きく変わりますが、信頼できる統計数字が入手しやすく、また昔の人にも現代の人にも理解しやすいものの中から、次の二つを選んでみました。
   @大工さんの労賃 : 昔は安価だったものの代表。 官民格差は現在以上に顕著でした。
   A白米の小売値段 : 昔は高価だったものの代表。 当時のエンゲル係数は50%を超え、しかも食費の大半はお米でした。


  赤い線は、2つの値の相乗平均の5年移動平均のグラフです。
  かなり危険ではありますが、ものすごく大雑把にいうと、
   明治前半の1円は ・・・  現在の2万円くらい
   明治後半   ・・・ 1万円くらい
   大正昭和戦前 ・・・ 5千円くらい
   昭和30年代 ・・・ 10円くらい
としたらいかがでしょうか。 ただし、こういった数字が一人歩きすることに、多少の不安を感じないでもありません。
「改造兌換銀行券1円」
明治22年より発行された1円札。
人物は古代の大臣、武内宿禰。番号が漢数字で書かれています。
大正5年にアラビア数字に変更され、昭和18年までの主力1円札でした。

参考文献
 @週刊朝日編、「値段史年表」、朝日新聞社、1988
 A岩崎爾郎、「物価の世相100年」、読売新聞社、1982
 B総務庁統計局監修、「日本長期統計総覧」、日本統計協会、1988

2005.8.13  2008.1.3改訂