江戸の家計簿

  1両小判はどれくらいの価値があったのだしょうか、庶民の暮らしはどうだったのでしょうか?
  江戸時代の後期の大工さん、農家、下級武士の家計簿を紹介しましょう。

 <<江戸時代の貨幣単位について>>
金・銀・銭の相場
  江戸時代の貨幣単位は、金・銀・銭の三種類の単位がありました。
  金 : 1両=4分(ぶ)=16朱
   (主に関東で使用されました)
  銀 : 1匁=10分(ふん)
   (主に関西で使用されました)
  銭 : 1貫=1000文
   (小額の取引に使用されました)
  これらの間の交換比率は、固定ではなく、右のグラフのように変動していましたが、江戸中期〜後期ではだいたい
     金1両 = 銀60匁 = 銭6〜7貫
 前後でした。また、米は1石=金1両くらいで、当時の人は、1日米5合、1年で1.8石食べたそうです。



  大工さんの場合

大工さんの支出   文政年間(1820ころ)の大工さんの場合です。 若い大工さん夫婦を想像してください。 住んでいる長屋は4畳半2間です。
●家族構成:大工さん夫婦、子供一人。
●収入:1日の賃金は銀5匁4分(内、1匁2分は飯代)、年間294日働くとして年間で銀1,588匁。
●支出
  ○店賃     銀120匁  − たなちん(部屋代)です
  ○米代     銀354匁
  ○塩・味噌・醤油・油・薪炭 銀700匁
  ○道具・家具 銀120匁
  ○衣服     銀120匁
  ○つきあい費 銀100匁
●残りは、銀74匁です。
 【出典】小野武雄、「江戸物価事典」、展望社、1980
 【原典】栗原柳庵、「文政年間漫録」

  農家の場合

クイズの答え:原書では「糞価」と書いています。人の大便・小便を江戸で買い求めたものです。   こんどは、江戸後期の農家の場合です。練馬あたりの農家を想像してください。
●家族構成:夫婦、子供一人。田1町と畑5反を耕作。中流の農家です。
●収入
  米20石、麦6石、大根2万5千本。
  米と麦は、年貢・地代・家族の消費で使った残りを1石1両で売却。
  大根は銭135貫(1本あたり5.4文)で売却。
●支出
  ○年貢、地代
     年貢 米5石、畑分年貢 銭3貫。
     地主への地代 米5石。
  ○田畑諸掛り − 生産のための諸経費です。
     種穀 米1石、肥料 銭50貫文、
     運賃 銭40貫文、舟賃 金2.5両、
     日雇いの賃金 米5升、麦1.8石、金1.5両。
  ○主食費 − 麦が中心の主食でした。野菜類は自給していたのでしょう。
     米1.9石、麦3.6石。
  ○衣食住費
     塩・茶・油・紙 金2両、農具・家具 金2両、薪・炭 金1両、衣料 金1.5両。
  ○交際費
     正月の餅など 米5斗、年末年始の費用 金2両、親戚とのつきあい 金1両。
●残りは、金1両弱しかありません。出典の著者は、「余すところ金二、三分に足らず、ゆえに風寒暑湿に冒し、一、二月も(仕事を)怠るときは収穫に損ありて、医薬の価に充てるに足らず」と書いています。
 収入は一見金換算で47両ありますが、2/3は税金と諸経費なのです。可処分所得は、15両くらいしかありません。
 【出典】児玉幸多、「近世農民生活史」、吉川弘文館、1957
 【原典】大久保仁斎、「富国強兵問答」、安政2(1855)

 【 クイズ 】
   銭50貫文出して肥料を買っています。 小判にすると7〜8両です。 この「肥料」とは、具体的に何だったのでしょうか?




江戸の町並み ・・・ 八丁堀付近

  武士の場合

  最後に、武士はどうだったでしょうか。 江戸後期の下級武士の場合です。 町奉行所の同心を想像してください。

●家族構成:夫婦、子供一人。 下男と下女を一人ずつ雇っている。
●収入
  禄高は70俵5人扶持。
  70俵(28石)の米は札差を通じて売却します。21両になります。
  5人扶持(1人扶持は1日5合の米)は、家族と下男下女で消費します。 この分も収入に加算すると、年収28両になります。
武士の支出 ●支出
  ○毎月の費用(日々の生活費) − 9両
   1ケ月あたり5000文の支出です。その内訳は次のとおりです
     薪 800文、炭 450文、蝋燭 100文
     野菜 800文、味噌 300文、醤油 300文、油 250文
     神仏入用 200文、客入用 400文
     当人小遣い 500文、勤めのときの入用 500文
     女房小遣い 400文
  ○主食 − 5人扶持の米を家族と下男下女で消費します
  ○下男下女給金 − 4両
     下男に3両、下女に1両。
  ○着服入用 − 2両1分
  ○交際費 − 4両2朱
     盆 1両、暮 2両、五節句 2分2朱、吉凶金(お祝いとお見舞い) 2分。
  ○その他 1両2分2朱
     札差の手数料 1分、当人手元金 3分、臨時費用 2分2朱。

 【出典】「三田村鳶魚全集・第六巻」、中央公論社、1975(源著は1930年頃)
 【原典】橋本敬簡、「経済随筆」、文政8(1825)



天保小判   さて、この家計簿から1両は今のどれくらいと考えられますか。
  小判は金でできているから高価だろうと言う人がいますが、小判の中で金の最も多い慶長・享保小判を鋳潰しても、1万7千円にしかなりません(1100円/gで計算)。 上の家計簿の時代(19世紀前半)の元文・文政・天保小判では、わずか7〜9千円です。
  物の豊かさ・価値観の違い・税金・福祉・年金・副収入など、いろいろ考慮すべきことはありますが、
    ・江戸後期の庶民の年収は20〜30両
    ・現在のサラリーマンの世帯あたりの年収は600万円前後
とすると、感覚的には ”金1両=現在の20万円くらい、1文=30円くらい”、と考えますがいかがでしょうか。




  江戸の三貨  一文と一両の価値


2001.7.8  2001.12.2update 2003.10.11update