ササン朝ペルシャのコイン


 波刺斯(ペルシャ)国は周囲数万里ある。国の大都城は蘇刺薩儻那(スラスターナ)と言い、周囲四十数里ある。
 川も平地も多いから気候もさまざまであるが、おおむね温暖である。
 水を引いて田を作り、人家は富裕である。金・鍮石(真鍮の一種)・頗胝(はち、玉または水晶)・水精など世にも珍しい宝を産出し、大錦(ペルシャ綿)・細褐(細い毛織物)、くゆ(毛氈)の類を上手に織る。
 良い馬・駱駝が多く、貨幣は大銀銭を使用する。
 家ごとに税金を課し、一人あたり四銀銭を取る。
                                ・・・・・  玄奘、「大唐西域記」巻十一

 玄奘法師はインドへ行く途中、西域の高昌で国王から黄金100両と銀銭3万枚を授けられました。 黄金は東ローマの金貨、銀銭はササン朝の銀貨と推定されています。 この当時、唐の西部から中央アジアにかけてササン朝の銀貨が通貨として使用されていたそうです。
 「大唐西域記」には、税金が1人あたり銀4枚だったのと書かれています。 ササン朝では銀貨中心の貨幣経済が発達していたようです。 税金の銀4枚は、1年に3回納めたそうです。

アルダシール1世(226-41)のテトラドラクマ銀貨
表:国王胸像。冠はティアラ冠。銘:マズダ神を崇う、神聖なアルタ-シャトル、イランの諸王の王、神の子孫。
裏:拝火壇。銘:アルダクシャトルの火。
24.5~24.9mm 厚さ4.5mm 13.1g
文字はパフラヴィ-文字です。
パルチアのコインの様式に似ていますが、裏はゾロアスター教(拝火教)の拝火壇です。
銀質はさほど良くありません。亜鉛(錫?)が多く混ざった銀で、ビロン貨(Billon)と呼ばれています。
シャープール1世(241-73)のドラクマ銀貨
表:国王胸像。冠は耳覆いのついた城壁冠。その上にコリュンボスという球体の装飾。銘は下記の説明参照
裏:拝火壇と二人の神官。笏杖を持っている。銘:シャープールの火。
25.3mm 厚さ1.3mm 3.7g
この頃のコインの王の像はかなり写実的です。
裏のデザインは、この後で発達するササンの美術工芸品のはしりのように見事です。

シャープール1世銀貨の銘文  (パフラヴィー文字は、右から左へ書きます)

【文献A】による説明

 マズダ神を崇う、神聖なシャープール、イランの諸王の王、神の子孫。

【文献B】による説明


 マズダ信仰者、主シャーブフル、イランの諸王の王

ナクシュ・ロスタムの遺跡
上段の全景写真の中央やや左下が、下段の写真。
シャープール1世が、捕虜になったローマ皇帝をひざまづかせている情景。
馬上のシャープール1世を、コインの胸像と比べてみてください。

この写真は、N.Ebataさんの「遺跡大好き!!」より許可を得てお借りしました。


ホルムズド4世(579-590)のドラクマ銀貨
表:国王胸像。三日月形前立てのついた城壁冠。その上にコリュンボスという球体の装飾。
左肩に三日月形装飾。周囲に星と三日月が4つ。銘:ホルムズドの名前が偉大ならんことを。
裏:拝火壇と二人の神官。左手に剣を持っている。銘:発行年と発行所の略称。
29.6~30.7mm 厚さ1.0mm 3.8g
薄くたたき延ばした銀の板のようです。
円圏の外周が広い、ササン朝独特の形式です。
ホスロー2世(591-628)の小銅貨
表:国王の胸像。
裏:拝火壇。
13.2~13.8mm 厚さ2.6mm 2.3g
ドラクマ銀貨は、労働者1日くらいの給料です。日常の買い物には小さな銅貨も必要だったでしょう。
ドラクマ銀貨は1万円、この銅貨は100円と考えてはどうでしょうか。

● ササン朝の税制

 ササン朝最盛期の皇帝ホスロー1世(在位531-579)は、税制を改め、土地税と人頭税の2本柱にしました。
  ●土地税
    大麦と小麦の耕地1ジャリーブごとに1ドラクマ
    ブドウの耕地1ジャリーブごとに8ドラクマ
    牧草の植えられている土地1ジャリーブごとに7ドラクマ
    ナツメヤシの樹4本(低質のものは6本)ごとに1ドラクマ
    オリーブの樹6本ごとに1ドラクマ
    これら以外の農産物は無税
   (ジャリーブは、耕地の面積の単位で、解説書によると1.592平方メートルとなっていますが、もっと広かったのではないかと推察しています。)
  ●人頭税 − 20〜50才の国民に対して、貧富に応じて12、8、4ドラクマ。
 これらの税を、年3回に分けて納めさせました。
 玄奘が書いている”家ごとに税金を課し、一人あたり四銀銭を取る。”とは、このことを指しているのでしょう。

● 周辺国家の模倣貨

 ササン朝のコインは非常に信用度が高く、東地中海地方から西域にかけて広く使用された国際通貨でもありました。 そのため、ササン朝が滅んだ後も周辺の国々でササン朝のコインを模倣したコインが発行されています。
 7世紀後半、西域にあった唐の西州都督府の記録では、荊柴1車分が銀1文5分、醤2升が銀1文などと書かれています。 唐では銀銭を発行していません。 銀1文はササン朝または周辺国家が発行した1ドラクマ銀貨と推定されています。
エフタルのナスプキ・マルカ銀貨(5〜6世紀)
表:エフタルの王の胸像。有翼の牡牛の頭飾りをつけている。銘:ナスプキ王。
裏:拝火壇と二人の神官。
25.4mm 厚さ1.6mm 3.6g
エフタルは常にササン朝と争っていました。
このコインは、敵国ササン朝のコインに強い影響を受けています。
銅が多く含まれているため緑青を出しています。
タバリスタンの1/2ドラクマ銀貨(8世紀)
表:王の胸像。
裏:拝火壇と二人の神官。
23.9mm 厚さ0.5mm 1.8g
タバリスタンは、ササン朝がイスラムに滅ぼされた後も、カスピ海南岸に存続した国です。
外周の模様の数が増えています。
全く薄い銀の板です。僅か0.5ミリの厚さです。
イスラムの1ディルハム劣位銀貨(8世紀)
表:城壁冠の王の胸像。かなりデフォルメされている。王の前にソグド文字で「ブハラの王」、
後にアラビア文字で「al-Mahdi」。
裏:拝火壇と二人の神官。
24.7mm 厚さ0.9mm 2.6g
ササン朝をほろぼしたイスラムの、ソグディアナ地方の知事al-Mahdiが発行したものです。
ササン朝のコインをかなりデフォルメしています。
イスラムが偶像を嫌ったのはもう少し後の時代からです。
銀の質はかなり悪そうです。

206 神殿の祭司ササンの子、パーパク、ペルシャ王を称する。
226 パーパクの子、アルデシールT、パルチアを滅ぼし、ササン朝ペルシャが成立する。
   首都はクテシフォン。
230 ゾロアスター教(拝火教)を国教とする。
232 ローマよりアルメニア地方を奪う(この頃盛んにローマと戦う)。
240ころ クシャン朝を征服する。
260 アルデシールの子、シャープールT、エデッサの戦いでローマ軍に大勝。
   皇帝ら7万のローマ人を捕虜にする。 捕虜たちによりローマの土木技術が伝わる。
339〜 キリスト教徒を迫害する。
363 ローマのユリアヌス(背教者)、クテシフォンを攻撃するが、敗退。
395 ローマ、東西に分裂。東ローマ(ビザンチン帝国)もしばしばササン朝と戦う。
425 エフタルの侵入始まる。
435 東ローマでキリスト教ネストリウス派が追放され、ササン朝ペルシャに亡命。
   (後中国に伝わり、「景教」と呼ばれる)
558ころ ホスローT、突厥と同盟してエフタルを討つ(この頃ササン朝の最盛期)。
622 イスラムのヘジラ(聖遷)元年。
628 ホスローUが没し、国が乱れ、何人かの王が乱立する。
629〜645 玄奘、インドへ行く。
642 ヤズデギルドV、ニハーバンドにてサラセン軍に大敗し、ササン朝は事実上滅亡する。
651 ヤズデギルドV、東方に逃れる途中で殺害され、ササン朝は完全に滅亡。


 王の名 ササン朝(サーサーン朝と書く書物もあります)の王の名は、書物によって差があります。 横1行が同一名です。
 アルダシール(Ardashir) アルダシール(Ardashir)  アルダフシール(Ardakhsir)
 シャープール(Shapur)  シャープール(Shahpuhr)  シャーブフル(Shabuhrl)
 フルマズド(Hurmazd)   オールマズド(Ohrmazd)   オフルマズド(Ohrmazd)
 ホスロー(Khusraw)    ホスロー(Khusro)     フスラウ(Khusraw)

 コインの天地の向き
 日本や東洋のコインは通常、天地の向きが表と裏で一致し、ヨーロッパのコインでは全く逆になっていることが多いです。
 ところが、ササン朝コインに限っては、表と裏で90度ずれているのです。周辺諸国の模倣貨もそれに習っています。
 理由はよく分かりません。表と裏のデザインを考慮して、薄いから折れにくくするためそうしたのでは、との説もありますが、建国当初の分厚いテトラドラクマ銀貨もそうなのですから、理由は別のところにありそうです。


参考文献:
  @玄奘著、水谷真成訳、「大唐西域記」、中国古典文学大系、平凡社、1972
  A「シルクロードのコイン.エーゲ海からガンダーラまで」、古代オリエント博物館・岡山市立オリエント美術館、1979
  B「サーサーン朝ペルシャのコイン.王の肖像が語る歴史と文化」、中近東文化センター、2003
   および、2003年7月13日の中近東文化センター講演会「サーサーン朝ペルシャのコイン」の資料
  C歴史学研究会編、「世界史史料 1古代のオリエントと地中海世界」、岩波書店、2012

2003.9.27