ローマ帝国の地方コイン


  ローマ帝国の時代、中央政府発行のコインの他に、地方で発行されたコインがありました。


@ トラキア王国のコイン
表 : ローマ初代皇帝アウグスツス(在位BC27-AD14)
裏 : トラキア王ロエメタルセス1世(在位BC11-AD12)
トラキアは、ギリシャ北部にあったローマの同盟国でした。
18.2mm 3.5g

A ユダヤ総督のコイン
ローマ帝国のユダヤ総督アントニヌス・フレックス(在位AD52-60)の発行したものです。
16.3mm 2.7g

B カッパドキア属州のコイン  2ドラクマ銀貨
表 : コンモドス帝。(在位177-192)
裏 : アフガエウス山(現在のエルジャシュ山)
カッパドキアは、小アジアの内陸部の地方です。
19.1mm 4.3g

C モエシア属州のコイン
表 : エラガバルス帝。(在位218-222)
裏 : 月と星。下に発行地のNIKOΠOΛIの文字があります。ニコポリス(Nikopolis ad Istrum)は、トラキアの北にあったモエシアにあった都市です。
中央政府の発行する貨幣が不足し、この時代東方を中心に各地で独自の貨幣が発行されました。
エラガバルスは、14歳で皇帝になって以来、夜な夜な女装してローマの街を楽しんだ悪名高い皇帝です。
17.8mm 2.3g

D エジプト属州のコイン 1オボル銅貨
表 : クラウディウス2世ゴディクス。(在位268-270)
裏 : 裸のポセイドン
ローマ帝国がギリシャ世界の単位(1オボル)を持つ銅貨を発行しました。
エジプトのアレクサンドリアで発行したものです。
裏のデザインは、ギリシャ世界のコインによく用いられたものです。
厚さが5.1mmもある分厚いコインです。
20.2mm 10.5g

E ブリタニア帝国のコイン
表 : アレクトゥス帝。(在位293-296)
裏 : 右下部に小さいLのミントマークがあります。発行場所のロンディニウム(現在のロンドン)を表わしています。
この時代同時に何人もの「ローマ皇帝」が乱立したことがあります。この皇帝もその一人で、わずかブリタニア(現在のイギリスの一部)だけを支配しただけでしたので、「ブリタニア皇帝」と呼ばれています。
24.8mm 3.7g


2002.5.6 2002.8.19改訂 2004.2.29改訂