近代中国の貨幣

● 『本洋』 の時代 (〜1822)
「制銭」 嘉慶通宝 1796-1820年 4.0g 24.8mmmm
「銀両」 銀錠 347g W59,D54,H26mm
  19世紀初頭、清は人口4億をかかえ、世界総人口の20%を占める最大国でした。
  清は、ヨーロッパ人のほしがる生糸、絹織物、茶を輸出していましたが、国民の需要はすべて国内でまかなえる国でしたから、めだった輸入はありません。 大幅な輸出超過で、銀が大量に流入していました。

  このころの主な貨幣は、「制銭(銅銭)」、「銀両(銀錠、馬蹄銀など)」、スペインの「カルロスドル」の3種類でした。

  「制銭」は、古来の穴あき銭で、通常1枚が1文でした。

  「銀両」は、お椀や馬の蹄に似た銀の塊で、決まった重さはなく、常に重さを量りながら使用する秤量貨幣でした。1gくらいの軽量のものから、1Kgを超える大型のものまで様々あります。 重さの単位は「両(テール)」ですが、地域や役所によって、はかりが何種類かあり、主なものだけでも
    ●庫平両=37.3125g ●海関両(関平両)=37.679g ●上海両(申漕平両)=33.824g
などの差異がありました。(海関銀1両=庫平銀1.0169両=上海銀1.1114両の数字を示している文献もあります)

  銅銭と銀両の関係は、順治4年(1647)に制定された、
     庫平銀1両=制銭1000文 
の規定がありましたが、1820年ころにはだんだん相場によって変動するようになっていました。

「本洋」 スペイン8レアル銀貨 1776年 26.6g 40.0mm
  「カルロスドル」は、スペイン領のメキシコとペルーなどで作成された8レアル銀貨で、「本洋」の名で、そのまま通用しました。 西洋から来た本格的な銀貨、といった意味合いでしょう。
  この本洋には銀メッキの贋金が出始め、商人たちは真贋を確かめるため刻印を打ちました。 この刻印はそれぞれの商人が確認した印にもなり、かえって信用度を高めることにもなりました。 右のコインにも、何箇所にも刻印がうちつけられています。
  この銀貨は、中国では圧倒的な人気を持ち、そこに含まれる純銀の量以上の価値で取引されました。 特に、1822年にメキシコでの生産が止まると、高いときで80%もの「打歩」(プレミアム)がつくことさえありました。、



  このころアジアを訪れたイギリスのオールコックは、次のように記しています。
  (茶と絹の大きな取り引きのために)すたれて再鋳できない種類のもの、すなわちカルロス金貨(銀貨の間違い?)だけが、無意味にも好まれた。中国人はこのすたれた貨幣にまったく架空の価値をつけ、それをどんどんふやしていったので、とうとうこの貨幣は使いつくされ、全然手にはいらなくなり、しかも他のドル貨の値打ちはすべて、およそ三割から四割下落したのである。 ・・・ オールコック著、山口光朔訳、「大君の都」、岩波文庫、1962



● 『鷹洋』 の時代 (1822〜1890)
「鷹洋」 メキシコ8レアル銀貨 1844年 26.8g 39.7mm
  大幅な貿易赤字に悩んだ英国は、インドでアヘンを栽培し、それを中国で売りさばきました。 当局の禁止措置にもかかわらず、アヘンは蔓延し、今度は中国から銀が大量に出てゆくことになりました。 その転換期は1827年ころといわれています。
  「本洋」に代わって使われたのは、スペインから独立したメキシコの発行した8レアル銀貨で、「鷹洋」(または「墨洋」、「英洋」)と呼ばれました。
  (「英洋」は、鷹と英が同じ発音yingからきた誤用です。また、コインのデザインは「鷲」なのですが、なぜか「鷹洋」です)
  銀の流出は、銀の高騰、言い換えると銭の暴落がおき、1両=700〜800文だったのが、1600文前後になりました。 庶民は普段は銭を使いますが、納税のときは銀(地丁銀)で納めます。 銀の高騰は、それだけ税金が高くなったのと同じことなのです。
  生活の苦しさと政治の腐敗から、太平天国の乱(1850-64)が起きました。 この乱で、4億以上あった人口は3億人以下に激減しました。


● 『龍洋』 の時代 (1890〜1911)
「龍洋」 光緒元宝 1元=7銭2分 1904年 26.9g 39.4mm
  これまで銀貨を発行していなかった清ですが、両広総督(後に湖広総督)の張之洞が、銀貨の発行を請願し、1890年から、「光緒元宝」の銀貨を発行しました。 基準となったのは7銭2分(0.72両)の銀貨で、欧米のドル銀貨と同じ重さになるようにしています。
「銅元」 大清銅幣 十文 1906年 7.0g 27.9mm
  中央政府の発行ではなく、地方の省政府の発行です。 銀貨の発行は、省政府に多大の利益をもたらし、他の省でもこれに見習って銀貨を発行しました。 中央なき地方、地方なき中央、そんな大国清でした。
  小額の銀貨(「小洋」とよぶ)や銅貨(「銅元」とよぶ)も発行されました。


北京議定書における為替レート
(1901年)
1 海関両
ドイツ3.055マルク
オーストリア3.595クローネ
アメリカ0.742ドル
フランス3.750フラン
イギリス3.000シリング
日本1.407円
オランダ1.796フローリン
ロシア1.412ルーブル
   
諸貨幣の交換レート
(1911年末)
本洋1元=0.9上海両
英洋1元=0.7975上海両
龍洋1元=0.79575上海両
小洋1元=0.69575上海両
銅元1656文=1.0上海両
  1910年ころの庶民の賃金(1月あたり) :
   紡績工  8〜9元
   人力車夫 6〜8元
   紡績女工 3.5〜4.5元(1日10時間で、30日休みなし)


● 『船洋』 の時代 (1912〜)
「船洋」 孫像銀貨 1圓 1933年 26.6g 39.4mm
  1911年、辛亥革命が起こり、清朝が倒れました。 その翌年、中華民国が成立し、初代の大総統には最大の実力者の袁世凱が就任しました。
  1914年から、袁世凱の像を刻んだ銀貨が発行され、これまでの本洋、英洋、龍洋は殆ど使われなくなりました。
  「本洋」以来の圓(円)形の銀貨は、その形状から「銀圓」と総称されていたため、この「圓」を貨幣単位としました。 ところが、「圓」は画数が多いため、通常は発音の同じ「元」が使われていました(「圓」の略字の「円」は日本固有の文字で、中国では使われていません)。 この「元」が、後に正式な単位となります。
「小洋」 2毫(20Cents) 1920年 5.3g 23.4mm
  1927年からは、孫文の像、裏にはジャンクの銀貨になりました。 このデザインから「船洋」と呼ばれます。
  1933年、「廃両改元」により、「両」単位の使用は終わり、1元=0.715上海両の交換レートが定められました。


略年表
嘉慶帝(1796〜)
道光帝(1820〜)1827
1840〜42
1842
アヘンの流入が盛んになり、このころ輸入超過に変わる。
アヘン戦争
南京条約。香港島割譲、賠償金2100万ドル、広州・福州・厦門・寧波・上海の5港を開港
咸豊帝(1850〜)1850〜64太平天国の乱
同治帝(1861〜)
光緒帝(1874〜) 1884〜85
1885
1890
1899〜01
1901
1904
1907
日清戦争
下関条約。賠償金は2億庫平両(2.993億円)
両広総督が龍洋を発行。他の省でも続く。
義和団事件。
北京議定書。賠償金は4.5億海関両の39年分割払い。
清朝、戸部銀行設立(後大清銀行、中国銀行)。
清朝、交通銀行設立
宣統帝(1908〜) 1908
1910
1911
1912
この頃銭荘最盛期。
「幣制則例」。円、角、分、厘の銀本位制。
辛亥革命
中華民国成立。宣統帝退位。
袁世凱
(1913〜16)
孫文、広東政府
(1921〜25)
蒋介石、南京政府
(1928〜31)
1914
1919
1921
1927
1928
1933
1934
1935
国幣条例。袁世凱の銀貨(袁像銀貨)発行。
この頃、本洋・鷹洋・龍洋から袁像銀貨に変化。
金融恐慌。
孫像銀貨発行。袁像銀貨を駆逐する。
中央銀行設立。
廃両改元。1元=0.715上海両。
アメリカの銀買い上げ法で、銀流出。
幣制緊急令。1元=14.5シリング=0.30ドル。

参考文献
  川合悟ほか、「データでみる中国近代史」、有斐閣選書、1996
  宮下忠雄、「近代中国銀両制度の研究」、有明書房、1990(原著は昭和27)


2005.12.24