草原を駆け抜けた民族

  中央アジアの草原といえば、ボロディンの音色が聞こえてきそうな風景が目に浮かびます。
  古代から中世にかけて、この地方では幾多の民族が、草原を駆け抜けました。
  ある民族はより豊かな地を求めて、ある民族は他の民族から追い立てられて、・・・民族の移動には多くの汗と涙と血を伴ったことでしょう。
  (地図は、吉川弘文館の「世界史地図」を利用しました)

● エフタル
 エフタルは、4世紀頃から中央アジアで活躍していた遊牧民です。
 ソグド地方を中心に他民族を支配していましたが、6世紀に突厥とササン朝ペルシャに挟撃されて勢力をなくしました。
5〜6世紀の銅貨

表は、王の肖像です。エフタル特有の顔つきです。
3.2g 24.4mm
5〜6世紀の銀貨

裏面は、ササン朝ペルシャの拝火教の神壇です。
銀貨とはいっても銅が多いせいで緑青をふいています。
3.6g 25.8mm

● ソグド
  ソグド人は、独自では大きな国をつくらず、他の民族の国家に政治的には属しながらも、経済的にはシルクロードの商人として活躍していました。 7世紀の玄奘の『大唐西域記』では、 ”力田(農民)と逐利(商人)が半ばしている” と記されています。 商人が人口の半分もあったとは、注目すべきことです。
  ソグド人は、中国にも集団で村を作って住み、出身地ごとに異なった姓を名乗っていました。 石(タシュケント)、安(ブハラ)、何(クシャーニヤ)、曹(カブーダン)、康(サマルカンド)、米(マーイムルグ)、史(キッシュ)などが知られています。
  しかし、8世紀にソグド人の安禄山が唐王朝に対して反乱を起こし、乱後、中国のソグド人は抹殺されてしまいました。
ソグドの銅貨1

表はソグド人の王様か? 裏は「タムガ」
2.0g 18〜21mm
ソグドの銅貨2

表はユキヒョウ 裏は「タムガ」
2.1g 19〜21mm

● イスラム
 7世紀初頭、アラビア半島に興ったイスラムは、またたく間に中東、アフリカ、スペインにまたがる大帝国を建設しました。当初のカリフ家はウマイヤ朝(661〜750)、その後のカリフ家はアッバス朝(750〜1258)と呼ばれています。
8世紀のディルハム劣位銀貨

表は、王の肖像です。向かって右にソグド文字が見えます。
裏は、拝火教の火壇とその両側に祭祀者が立っています。
ソグド地方を治めていたアッバス朝の知事が発行したものです。
ササン朝ペルシャのデザインを踏襲しています。
2.6g 24.7mm
9世紀のディルハム銀貨

695年、ウマイヤ朝第5代のカリフ、アブド・アリマリクは、ダマスクスで新しい形式のコインを発行しはじめました。
表裏には「コーラン」の言葉を刻だものです。この形式はその後もイスラムコインの標準となりました。
2.8g 22.0mm

● ガズニ、カラハン
 ガズニ朝とは、日本人にはあまりなじみのない王朝です。 サーマン朝ペルシャに仕えていた奴隷軍人アウプテキンが962年に創始した国です。
11世紀のガズニ朝のディルハム銀貨

表はアラビア文字、裏はサンスクリット文字のバイリンガルコインです。

3.7g 18.6mm
11世紀のカラハン朝の銅貨

ガズニの北方にあった王朝です。

6.0g 24-25mm

● コラズム
 コラズム(ホラズム)帝国は、1077年にセルジュークトルコの奴隷出身のアヌシュ・デキンが自立して建国した国です。 漢字では「花刺子模」と書きます、風情のある書き方です。
13世紀の銀貨

コラズム第7代の王、アラーウッデン・ムハマッド(ムハンマド2世)のコインです。
この王は、コラズムの最大の繁栄期をつくりましたが、モンゴルに攻められ逃亡先のカスピ海の孤島で病没しました。
7.5g 25.5mm

● モンゴル
 言わずとしれたチンギスカンの国です。
 チンギスカンの子孫達が、宗主国の元の他に4つの汗国(オゴタイ汗国、チャガタイ汗国、キプチャク汗国、イル汗国)を創始しました。
13世紀のチンギス汗のディルハム銅貨

表のデザインは、アケメネス朝ペルシャの銀貨のデザインに似ています。
2.8g 14-15mm
13世紀のオゴタイ汗国のディルハム銅貨

オゴタイ汗国の貴族、ムママド・アル・フセィニが、1220/21年にエミールで発行しました。
円と正方形のデザインが決まっています。
4.2g 32.0mm
13世紀のチャガタイ汗国の銀貨

チャガタイ汗国の銀貨です。
1.4g 17.0mm
13世紀のイル汗国の銀貨

イル汗国の銀貨です。
イル汗国の第4代の汗、アルグンが、1286年に発行したものです。
表には横書きのアラビア文字が、裏には縦書きのモンゴル文字が書かれています。
2.2g 21.0mm

● チムール
 モンゴル貴族出身のチムールが1370年に建国しました。 漢字では「帖木兒」と書きます。
 チムールは明への遠征を企て、永楽帝との一大決戦があるかと思われましたが、その途上に病没しました。
 首都サマルカンドを中心に天文学などの文化が発達し、この後のムガール帝国とともに壮麗な建築物で有名な国です。
14〜15世紀の銀貨

5.1g 23.4mm



2003.5.5  2003.7.19update 2004.5.9update  2016.9.25update