『聖なる突騎施可汗の貨幣』


●その1 突騎施のコイン
  次は、私のホームページ「中国周辺の文字」で紹介している8世紀のトルギスのコインです。

トルギス(突騎施) スールク(蘇禄、忠順可汗) 717-738
ソグド人は、中央アジアのソグディアナ地方の住人で、8世紀ころ内陸アジアの経済上の支配権を握っていました。
ソグド文字は、ヨーロッパのアルファベットを元に作成された文字です。字は右から左へ書きます。
このコインには、当時の王様の名が書かれているそうです。この王様は、唐風の貨幣を作りながら、唐と戦って大敗し、国は滅んだそうです。
円形で四角の穴のあいた貨幣では、世界の最西端でしょう。
24.8mm 4.7g

  ここに書かれているソグド文字の意味がわかりませんでしたが、やっと何とか分かりました。


●その2 ソグド文字
 まず、ソグド文字について解説のある資料は次の3つありました。
  (a)世界の文字研究会編、「世界の文字の図典」、吉川弘文館、1993
  (b)河野六郎・千葉栄一・西田龍雄、「言語学大辞典.別巻.世界文字辞典」、三省堂、2001
  (c)Iranian Languages & Scripts

 ひとこと「ソグド文字」といっても、いくつも種類があるようです。
  (a)では、語頭、語中、語尾の3種類 ⇒表1
  (b)では、正字体、草書体の2種類 ⇒表2
  (c)では、Sogdian script,Manichaean script,Syriac script の3種類
を解説しています。 それぞれ似通っているところもありますが、全く似ていないところもあります。 研究者によって、音価も微妙に異なります。
 (「かな」といっても、カタカナ・ひらがな・変体がな、楷書・行書・草書、旧かなづかい・現代かなづかいなどがあるのと同じようです。)


●その3 このコインの文字の読み方と意味
 次に、このコインの読み方と意味を記載している資料は次の8つありました。
  @Sapèques des Türgish (フランスのサイト)
  ATürgesh/Arslanid's coins (ロシアのサイト)
  BCOINS OF CENTRAL ASIA (ロシアのサイト)
  Cair astana WORLD discovery #02.2004(5)(カザフスタンの航空会社の雑誌)
  DTurgis Coin (中国のサイト)
  E絲綢之路銭幣(中国のサイト)
  F「新疆古銭幣」(『新疆金融』1986.8増刊号)
  G「東亜銭志」(昭和13年に発行された古銭誌。ドイツ人F.W.Müllerの説として紹介。)
資料No読み方意 味
@(フランス)Baga Turgish Qaghan pnymonnaie[貨幣] du Céleste[天の] Qaghan des Türgish
A(ロシア)βγy twrkys γ'γ'n pnygodlike Türgesh kagan's coin'
B(ロシア)βγy twrkys γ'γ'n pnyFen of king Turgesh's kagan
C(カザフスタン)βγy twrkys γ'γ'n pnyThe coin of the Heavenly Turgesh ruler
D(中国) Heavenly Turgis Khanate Coin
E(中国) (Sulu Qaghan)
F(中国)突騎施可汗拝布給【注】拝布給(Bai Bgi)は可汗の名字の可能性がある
G(日本)Türgis Kakhan BaiByi突騎施可汗。BaiByiは可汗の名だが「莫賀」か?

 pnyとはインド語のpana(銭)を語源とするソグド語で、銅銭を意味します。
 各説で微妙な差はあるものの、大筋は一致しています。 日本語では、『聖なる突騎施可汗の貨幣』とでも呼ぶものでしょうか。

●その4 私の挑戦
  読み方を一字一字当てはめることに挑戦しました。 いろいろ挑戦した結果、(b)(表2)の正字体とA〜Cの読み方が最もよくマッチしました。 少し苦しいところもありますが、許してください。 なお、ソグド文字は右から左へ書きます。


●その5 発行者について
突厥の故里:ハヌイ川を渡る馬の群れ
雪豹さんの 「突厥がすきっっっ!」から許可を得て借用しました
下の地図の○印付近だそうです
  (地図は吉川弘文館の「世界史地図」を利用しました)
  突厥(とっけつ、とっくつ)は、6世紀ころモンゴル高原で柔然族に支配されていた民族ですが、552年、柔然を破り独立しました。
  その後勢力を拡大しましたが、583年、同族間の争いで、東突厥(モンゴル高原)と西突厥(中央アジア)に分裂しました。
  657年、唐は西突厥を破り、勢力を弱めるため、二人の可汗に分割統治させました。
  716年、懐道十姓可汗(在位704-706?)の娘婿スールク(蘇禄)は、二人の可汗を追放し、国号を「トルギス(突騎施)」と改め、唐と対立しました。 トルギスとは、突厥を構成していた10氏族のうちの一つの名前です。
  上の貨幣を発行したのはこのスールクとされています。 貨幣を発行して商業を盛んにし、国を強くしようとしたのだと思います。 当時ソグド商人たちが、中央アジアの経済を支配していたようです。
  736年スールクは唐と戦って大敗し、翌々年には暗殺され、西突厥は完全に滅びました。 (東突厥も744年にウィグル族によって滅ぼされました)。


 謝辞 : 関連するHPのサイトを探してくださったのは、カナダの大学の飯田先生です。ありがとうございました。

2002.11.4